日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

テイクオーバー中は操作を実行できません

HA ペアの一方のノードが利用できない場合は、もう一方のノードがパートナーに引き続きデータを提供します。これを _storage takeover _ と呼びます。storage giveback が完了するまで、いくつかの操作は実行できません。

ヒント HA ペアのノードが利用できない場合、 Cloud Manager の作業環境の状態は Degraded_ になります。

ストレージのテイクオーバー中は、 Cloud Manager から次の操作を実行できません。

  • サポート登録

  • ライセンスの変更

  • インスタンスまたは VM のタイプが変更された

  • 書き込み速度の変更

  • CIFS セットアップ

  • 構成バックアップの場所を変更する

  • クラスタのパスワードを設定しています

  • ディスクとアグリゲートの管理(高度な割り当て)

これらの操作は、ストレージのギブバックが完了し、作業環境の状態が正常に戻ったあとで再度実行できます。