日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Cloud Volumes ONTAP の Google Cloud マシンタイプを変更します

Google Cloud で Cloud Volumes ONTAP を起動する際には、複数のマシンタイプから選択できます。必要に応じてサイズが小さすぎる、または大きすぎると判断した場合は、いつでもインスタンスまたはマシンタイプを変更できます。

このタスクについて
  • Cloud Volumes ONTAP HA ペア(デフォルト設定)で自動ギブバックを有効にする必要があります。サポートされていない場合、処理は失敗します。

  • マシンタイプを変更すると、 Google Cloud サービス料金に影響する可能性があります。

  • Cloud Volumes ONTAP が再起動されます。

    シングルノードシステムの場合、 I/O は中断されます。

    HA ペアの場合、変更は中断されません。HA ペアは引き続きデータを提供します。

    ヒント テイクオーバーを開始してギブバックを待機することで、 Cloud Manager は一度に 1 つのノードを正常に変更します。ネットアップの QA チームは、このプロセスでファイルの書き込みと読み取りの両方をテストしたため、クライアント側で問題は発生しませんでした。接続が変更されると、 I/O レベルでの再試行が表示されますが、アプリケーションレイヤはこれらの NFS / CIFS 接続の「再配線」の省略形を使用しています。
手順
  1. 作業環境でメニューアイコンをクリックし、 * マシンの変更 * を選択します。

  2. ノードベースの PAYGO ライセンスを使用する場合は、必要に応じて別のライセンスを選択できます。

  3. マシンタイプを選択し、チェックボックスを選択して、変更の影響を理解したことを確認し、 * OK * をクリックします。

Cloud Volumes ONTAP が新しい設定でリブートします。