日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Azure で Cloud Volumes ONTAP 用のデータ提供用 Storage VM を作成します

Storage VM は ONTAP 内で実行される仮想マシンであり、クライアントにストレージサービスとデータサービスを提供します。これは、 _ SVM _ または _ SVM _ であることがわかります。Cloud Volumes ONTAP にはデフォルトで 1 つの Storage VM が設定されていますが、 Azure で Cloud Volumes ONTAP を実行している場合は追加の Storage VM がサポートされます。

データを提供する Storage VM を追加で作成するには、 Azure で IP アドレスを割り当ててから、 ONTAP コマンドを実行して Storage VM とデータ LIF を作成する必要があります。

サポートされている Storage VM 数

9.9.0 リリース以降では、特定の Cloud Volumes ONTAP 構成で複数の Storage VM がサポートされます。にアクセスします "Cloud Volumes ONTAP リリースノート" 使用している Cloud Volumes ONTAP のバージョンでサポートされる Storage VM 数を確認してください。

他のすべての Cloud Volumes ONTAP 構成で、ディザスタリカバリに使用する 1 つのデータ提供用 Storage VM と 1 つのデスティネーション Storage VM がサポートされます。ソース Storage VM で停止が発生した場合は、デスティネーション Storage VM をデータアクセス用にアクティブ化できます。

Azure で IP アドレスを割り当てます

Storage VM を作成して LIF を割り当てる前に、 Azure で IP アドレスを割り当てる必要があります。

シングルノードシステム

Storage VM を作成して LIF を割り当てる前に、 Azure で IP アドレスを nic0 に割り当てる必要があります。

データ LIF アクセス用の IP アドレスと、 Storage VM ( SVM )管理 LIF のオプションの IP アドレスを作成する必要があります。この管理 LIF は、 SnapCenter などの管理ツールへの接続を提供します。

手順
  1. Azure ポータルにログインし、 * Virtual Machine * サービスを開きます。

  2. Cloud Volumes ONTAP VM の名前をクリックします。

  3. [* ネットワーク ] をクリックします。

  4. nic0 のネットワークインターフェイスの名前をクリックします。

  5. [* 設定 ] で、 [* IP 設定 * ] をクリックします。

  6. [ 追加( Add ) ] をクリックします。

  7. IP 設定の名前を入力し、 * Dynamic * を選択して、 * OK * をクリックします。

  8. 作成した IP 設定の名前をクリックし、 * Assignment * を * Static * に変更して、 * Save * をクリックします。

    静的 IP アドレスを使用することをお勧めします。静的 IP で IP アドレスが変更されないようにすることで、アプリケーションの不必要な停止を防止できます。

SVM 管理 LIF を作成する場合は、上記の手順を繰り返して追加の IP アドレスを作成します。

作成したプライベート IP アドレスをコピーします。新しい Storage VM の LIF を作成するときに、これらの IP アドレスを指定する必要があります。

HA ペア

HA ペアに IP アドレスを割り当てる方法は、使用しているストレージプロトコルによって異なります。

iSCSI

Storage VM を作成して LIF を割り当てる前に、 Azure で iSCSI IP アドレスを nic0 に割り当てる必要があります。iSCSI はフェイルオーバーに ALUA を使用するため、 iSCSI の IPS はロードバランサではなく nic0 に割り当てられます。

次の IP アドレスを作成する必要があります。

  • ノード 1 からの iSCSI データ LIF アクセス用に IP アドレス × 1

  • ノード 2 からの iSCSI データ LIF アクセス用に 1 つの IP アドレス

  • Storage VM ( SVM )管理 LIF のオプションの IP アドレスです

    この管理 LIF は、 SnapCenter などの管理ツールへの接続を提供します。

手順
  1. Azure ポータルにログインし、 * Virtual Machine * サービスを開きます。

  2. ノード 1 の Cloud Volumes ONTAP VM の名前をクリックします。

  3. [* ネットワーク ] をクリックします。

  4. nic0 のネットワークインターフェイスの名前をクリックします。

  5. [* 設定 ] で、 [* IP 設定 * ] をクリックします。

  6. [ 追加( Add ) ] をクリックします。

  7. IP 設定の名前を入力し、 * Dynamic * を選択して、 * OK * をクリックします。

  8. 作成した IP 設定の名前をクリックし、 * Assignment * を * Static * に変更して、 * Save * をクリックします。

    静的 IP アドレスを使用することをお勧めします。静的 IP で IP アドレスが変更されないようにすることで、アプリケーションの不必要な停止を防止できます。

  9. ノード 2 で上記の手順を繰り返します。

  10. SVM 管理 LIF を作成する場合は、ノード 1 で上記の手順を繰り返します。

NFS

NFS に使用する IP アドレスはロードバランサに割り当てられます。これにより、フェイルオーバー時に IP アドレスがもう一方のノードに移行できるようになります。

次の IP アドレスを作成する必要があります。

  • ノード 1 から NAS データ LIF にアクセスするための IP アドレス × 1

  • ノード 2 からの NAS データ LIF アクセス用に 1 つの IP アドレス

  • Storage VM ( SVM )管理 LIF のオプションの IP アドレスです

    この管理 LIF は、 SnapCenter などの管理ツールへの接続を提供します。

手順
  1. Azure ポータルで、 * ロードバランサ * サービスを開きます。

  2. HA ペアのロードバランサの名前をクリックします。

  3. データ LIF へのアクセスに使用するフロントエンド IP 設定をノード 1 から、データ LIF へのアクセスに使用するフロントエンド IP をノード 2 から、 Storage VM ( SVM )管理 LIF のもう 1 つのオプションのフロントエンド IP に作成します。

    1. [* 設定 ] で、 [* フロントエンド IP 設定 *] をクリックします。

    2. [ 追加( Add ) ] をクリックします。

    3. フロントエンドIPの名前を入力し、Cloud Volumes ONTAP HAペアのサブネットを選択し、* Dynamic *が選択されたままにしておきます。また、アベイラビリティゾーンに障害が発生した場合でもIPアドレスを使用できるようにするには、ゾーン冗長*を選択したままにします。

      名前とサブネットが選択されている Azure ポータルにフロントエンド IP アドレスを追加するスクリーンショット。

    4. 作成したフロントエンド IP 設定の名前をクリックし、 * Assignment * を * Static * に変更して、 * Save * をクリックします。

      静的 IP アドレスを使用することをお勧めします。静的 IP で IP アドレスが変更されないようにすることで、アプリケーションの不必要な停止を防止できます。

  4. 作成した各フロントエンド IP のヘルスプローブを追加します。

    1. ロードバランサーの * 設定 * で、 * ヘルスプローブ * をクリックします。

    2. [ 追加( Add ) ] をクリックします。

    3. ヘルスプローブの名前を入力し、 63005 ~ 65000. のポート番号を入力します。他のフィールドはデフォルト値のままにします。

      ポート番号が 63005 ~ 65000. であることが重要です。たとえば、 3 つのヘルスプローブを作成する場合、ポート番号 63005 、 63006 、および 63007 を使用するプローブを入力できます。

    名前とポートを入力する Azure ポータルにヘルスプローブを追加するスクリーンショット。

  5. フロントエンド IP ごとに新しいロードバランシングルールを作成します。

    1. ロードバランサーの * 設定 * で、 * ロードバランシングルール * をクリックします。

    2. [ * 追加( Add ) ] をクリックして、必要な情報を入力する。

      • * 名前 * :ルールの名前を入力します。

      • * IP バージョン * :「 * ipv4 * 」を選択します。

      • * フロントエンド IP アドレス *: 作成したフロントエンド IP アドレスのいずれかを選択します。

      • *HA Ports *: このオプションを有効にします。

      • * バックエンドプール * :すでに選択されているデフォルトのバックエンドプールをそのまま使用します。

      • * ヘルスプローブ * :選択したフロントエンド IP に対して作成したヘルスプローブを選択します。

      • * セッション持続性 *: 「なし」を選択します。

      • * フローティング IP * : * 有効 * を選択します。

        Azure ポータルに、上記のフィールドを含むロードバランシングルールを追加するスクリーンショット。

  6. Cloud Volumes ONTAP のネットワークセキュリティグループルールで、ロードバランサが上記の手順 4 で作成したヘルスプローブの TCP プローブを送信できることを確認します。これはデフォルトで許可されています。

SMB

SMB データに使用する IP アドレスはロードバランサに割り当てられます。これにより、フェイルオーバー時に IP アドレスを別のノードに移行できるようになります。

次の IP アドレスを作成する必要があります。

  • ノード 1 から NAS データ LIF にアクセスするための IP アドレス × 1

  • ノード 2 からの NAS データ LIF アクセス用に 1 つの IP アドレス

  • ノード 1 の iSCSI LIF の IP アドレス × 1

  • ノード 2 の iSCSI LIF の IP アドレス × 1

    iSCSI LIF は、 DNS 通信と SMB 通信に必要です。iSCSI LIF はフェイルオーバー時に移行されないため、この目的に使用されます。

  • Storage VM ( SVM )管理 LIF のオプションの IP アドレスです

    この管理 LIF は、 SnapCenter などの管理ツールへの接続を提供します。

手順
  1. Azure ポータルで、 * ロードバランサ * サービスを開きます。

  2. HA ペアのロードバランサの名前をクリックします。

  3. 必要な数のフロントエンド IP 設定を作成します。

    1. [* 設定 ] で、 [* フロントエンド IP 設定 *] をクリックします。

    2. [ 追加( Add ) ] をクリックします。

    3. フロントエンドIPの名前を入力し、Cloud Volumes ONTAP HAペアのサブネットを選択し、* Dynamic *が選択されたままにしておきます。また、アベイラビリティゾーンに障害が発生した場合でもIPアドレスを使用できるようにするには、ゾーン冗長*を選択したままにします。

      名前とサブネットが選択されている Azure ポータルにフロントエンド IP アドレスを追加するスクリーンショット。

    4. 作成したフロントエンド IP 設定の名前をクリックし、 * Assignment * を * Static * に変更して、 * Save * をクリックします。

      静的 IP アドレスを使用することをお勧めします。静的 IP で IP アドレスが変更されないようにすることで、アプリケーションの不必要な停止を防止できます。

  4. 作成した各フロントエンド IP のヘルスプローブを追加します。

    1. ロードバランサーの * 設定 * で、 * ヘルスプローブ * をクリックします。

    2. [ 追加( Add ) ] をクリックします。

    3. ヘルスプローブの名前を入力し、 63005 ~ 65000. のポート番号を入力します。他のフィールドはデフォルト値のままにします。

      ポート番号が 63005 ~ 65000. であることが重要です。たとえば、 3 つのヘルスプローブを作成する場合、ポート番号 63005 、 63006 、および 63007 を使用するプローブを入力できます。

    名前とポートを入力する Azure ポータルにヘルスプローブを追加するスクリーンショット。

  5. フロントエンド IP ごとに新しいロードバランシングルールを作成します。

    1. ロードバランサーの * 設定 * で、 * ロードバランシングルール * をクリックします。

    2. [ * 追加( Add ) ] をクリックして、必要な情報を入力する。

      • * 名前 * :ルールの名前を入力します。

      • * IP バージョン * :「 * ipv4 * 」を選択します。

      • * フロントエンド IP アドレス *: 作成したフロントエンド IP アドレスのいずれかを選択します。

      • *HA Ports *: このオプションを有効にします。

      • * バックエンドプール * :すでに選択されているデフォルトのバックエンドプールをそのまま使用します。

      • * ヘルスプローブ * :選択したフロントエンド IP に対して作成したヘルスプローブを選択します。

      • * セッション持続性 *: 「なし」を選択します。

      • * フローティング IP * : * 有効 * を選択します。

        Azure ポータルに、上記のフィールドを含むロードバランシングルールを追加するスクリーンショット。

  6. Cloud Volumes ONTAP のネットワークセキュリティグループルールで、ロードバランサが上記の手順 4 で作成したヘルスプローブの TCP プローブを送信できることを確認します。これはデフォルトで許可されています。

作成したプライベート IP アドレスをコピーします。新しい Storage VM の LIF を作成するときに、これらの IP アドレスを指定する必要があります。

Storage VM と LIF を作成

Azure で IP アドレスを割り当てると、単一のノードシステムまたは HA ペアに新しい Storage VM を作成できます。

シングルノードシステム

シングルノードシステムで Storage VM と LIF を作成する方法は、使用しているストレージプロトコルによって異なります。

iSCSI

新しい Storage VM と必要な LIF を作成するには、次の手順を実行します。

手順
  1. Storage VM と Storage VM へのルートを作成してください。

    vserver create -vserver <svm-name> -subtype default -rootvolume <root-volume-name> -rootvolume-security-style unix
    network route create -destination 0.0.0.0/0 -vserver <svm-name> -gateway <ip-of-gateway-server>
  2. データ LIF を作成します。

    network interface create -vserver <svm-name> -home-port e0a -address <iscsi-ip-address> -lif <lif-name> -home-node <name-of-node1> -data-protocol iscsi
  3. オプション: Storage VM 管理 LIF を作成する

    network interface create -vserver <svm-name> -lif <lif-name> -role data -data-protocol none -address <svm-mgmt-ip-address> -netmask-length <length> -home-node node1 -status-admin up -failover-policy system-defined -firewall-policy mgmt -home-port e0a -auto-revert false -failover-group Default
  4. Storage VM に 1 つ以上のアグリゲートを割り当てます。

    vserver add-aggregates -vserver svm_2 -aggregates aggr1,aggr2

    この手順は、 Storage VM にボリュームを作成する前に、新しい Storage VM が少なくとも 1 つのアグリゲートにアクセスする必要があるためです。

NFS

新しい Storage VM と必要な LIF を作成するには、次の手順を実行します。

手順
  1. Storage VM と Storage VM へのルートを作成してください。

    vserver create -vserver <svm-name> -subtype default -rootvolume <root-volume-name> -rootvolume-security-style unix
    network route create -destination 0.0.0.0/0 -vserver <svm-name> -gateway <ip-of-gateway-server>
  2. データ LIF を作成します。

    network interface create -vserver <svm-name> -lif <lif-name> -role data -data-protocol cifs,nfs -address <nfs--ip-address> -netmask-length <length> -home-node <name-of-node1> -status-admin up -failover-policy disabled -firewall-policy data -home-port e0a -auto-revert true -failover-group Default
  3. オプション: Storage VM 管理 LIF を作成する

    network interface create -vserver <svm-name> -lif <lif-name> -role data -data-protocol none -address <svm-mgmt-ip-address> -netmask-length <length> -home-node node1 -status-admin up -failover-policy system-defined -firewall-policy mgmt -home-port e0a -auto-revert false -failover-group Default
  4. Storage VM に 1 つ以上のアグリゲートを割り当てます。

    vserver add-aggregates -vserver svm_2 -aggregates aggr1,aggr2

    この手順は、 Storage VM にボリュームを作成する前に、新しい Storage VM が少なくとも 1 つのアグリゲートにアクセスする必要があるためです。

SMB

新しい Storage VM と必要な LIF を作成するには、次の手順を実行します。

手順
  1. Storage VM と Storage VM へのルートを作成してください。

    vserver create -vserver <svm-name> -subtype default -rootvolume <root-volume-name> -rootvolume-security-style unix
    network route create -destination 0.0.0.0/0 -vserver <svm-name> -gateway <ip-of-gateway-server>
  2. データ LIF を作成します。

    network interface create -vserver <svm-name> -lif <lif-name> -role data -data-protocol cifs,nfs -address <nfs--ip-address> -netmask-length <length> -home-node <name-of-node1> -status-admin up -failover-policy disabled -firewall-policy data -home-port e0a -auto-revert true -failover-group Default
  3. オプション: Storage VM 管理 LIF を作成する

    network interface create -vserver <svm-name> -lif <lif-name> -role data -data-protocol none -address <svm-mgmt-ip-address> -netmask-length <length> -home-node node1 -status-admin up -failover-policy system-defined -firewall-policy mgmt -home-port e0a -auto-revert false -failover-group Default
  4. Storage VM に 1 つ以上のアグリゲートを割り当てます。

    vserver add-aggregates -vserver svm_2 -aggregates aggr1,aggr2

    この手順は、 Storage VM にボリュームを作成する前に、新しい Storage VM が少なくとも 1 つのアグリゲートにアクセスする必要があるためです。

HA ペア

HA ペアで Storage VM と LIF を作成する方法は、使用しているストレージプロトコルによって異なります。

iSCSI

新しい Storage VM と必要な LIF を作成するには、次の手順を実行します。

手順
  1. Storage VM と Storage VM へのルートを作成してください。

    vserver create -vserver <svm-name> -subtype default -rootvolume <root-volume-name> -rootvolume-security-style unix
    network route create -destination 0.0.0.0/0 -vserver <svm-name> -gateway <ip-of-gateway-server>
  2. データ LIF を作成します。

    1. 次のコマンドを使用して、ノード 1 に iSCSI LIF を作成します。

      network interface create -vserver <svm-name> -home-port e0a -address <iscsi-ip-address> -lif <lif-name> -home-node <name-of-node1> -data-protocol iscsi
    2. 次のコマンドを使用して、ノード 2 に iSCSI LIF を作成します。

      network interface create -vserver <svm-name> -home-port e0a -address <iscsi-ip-address> -lif <lif-name> -home-node <name-of-node2> -data-protocol iscsi
  3. オプション:ノード 1 に Storage VM 管理 LIF を作成します。

    network interface create -vserver <svm-name> -lif <lif-name> -role data -data-protocol none -address <svm-mgmt-ip-address> -netmask-length <length> -home-node node1 -status-admin up -failover-policy system-defined -firewall-policy mgmt -home-port e0a -auto-revert false -failover-group Default

    この管理 LIF は、 SnapCenter などの管理ツールへの接続を提供します。

  4. Storage VM に 1 つ以上のアグリゲートを割り当てます。

    vserver add-aggregates -vserver svm_2 -aggregates aggr1,aggr2

    この手順は、 Storage VM にボリュームを作成する前に、新しい Storage VM が少なくとも 1 つのアグリゲートにアクセスする必要があるためです。

  5. Cloud Volumes ONTAP 9.11.1以降を実行している場合は、Storage VMのネットワークサービスポリシーを変更します。

    サービスの変更が必要となるのは、Cloud Volumes ONTAP がiSCSI LIFをアウトバウンド管理接続に使用できるようにするためです。

    network interface service-policy remove-service -vserver <svm-name> -policy default-data-files -service data-fpolicy-client
    network interface service-policy remove-service -vserver <svm-name> -policy default-data-files -service management-ad-client
    network interface service-policy remove-service -vserver <svm-name> -policy default-data-files -service management-dns-client
    network interface service-policy remove-service -vserver <svm-name> -policy default-data-files -service management-ldap-client
    network interface service-policy remove-service -vserver <svm-name> -policy default-data-files -service management-nis-client
    network interface service-policy add-service -vserver <svm-name> -policy default-data-blocks -service data-fpolicy-client
    network interface service-policy add-service -vserver <svm-name> -policy default-data-blocks -service management-ad-client
    network interface service-policy add-service -vserver <svm-name> -policy default-data-blocks -service management-dns-client
    network interface service-policy add-service -vserver <svm-name> -policy default-data-blocks -service management-ldap-client
    network interface service-policy add-service -vserver <svm-name> -policy default-data-blocks -service management-nis-client
    network interface service-policy add-service -vserver <svm-name> -policy default-data-iscsi -service data-fpolicy-client
    network interface service-policy add-service -vserver <svm-name> -policy default-data-iscsi -service management-ad-client
    network interface service-policy add-service -vserver <svm-name> -policy default-data-iscsi -service management-dns-client
    network interface service-policy add-service -vserver <svm-name> -policy default-data-iscsi -service management-ldap-client
    network interface service-policy add-service -vserver <svm-name> -policy default-data-iscsi -service management-nis-client
NFS

新しい Storage VM と必要な LIF を作成するには、次の手順を実行します。

手順
  1. Storage VM と Storage VM へのルートを作成してください。

    vserver create -vserver <svm-name> -subtype default -rootvolume <root-volume-name> -rootvolume-security-style unix
    network route create -destination 0.0.0.0/0 -vserver <svm-name> -gateway <ip-of-gateway-server>
  2. データ LIF を作成します。

    1. 次のコマンドを使用して、ノード 1 に NAS LIF を作成します。

      network interface create -vserver <svm-name> -lif <lif-name> -role data -data-protocol cifs,nfs -address <nfs--ip-address> -netmask-length <length> -home-node <name-of-node1> -status-admin up -failover-policy system-defined -firewall-policy data -home-port e0a -auto-revert true -failover-group Default -probe-port <port-number-for-azure-health-probe1>
    2. 次のコマンドを使用して、ノード 2 に NAS LIF を作成します。

      network interface create -vserver <svm-name> -lif <lif-name> -role data -data-protocol cifs,nfs -address <nfs-cifs-ip-address> -netmask-length <length> -home-node <name-of-node2> -status-admin up -failover-policy system-defined -firewall-policy data -home-port e0a -auto-revert true -failover-group Default -probe-port <port-number-for-azure-health-probe2>
  3. オプション:ノード 1 に Storage VM 管理 LIF を作成します。

    network interface create -vserver <svm-name> -lif <lif-name> -role data -data-protocol none -address <svm-mgmt-ip-address> -netmask-length <length> -home-node node1 -status-admin up -failover-policy system-defined -firewall-policy mgmt -home-port e0a -auto-revert false -failover-group Default -probe-port <port-number-for-azure-health-probe3>

    この管理 LIF は、 SnapCenter などの管理ツールへの接続を提供します。

  4. Storage VM に 1 つ以上のアグリゲートを割り当てます。

    vserver add-aggregates -vserver svm_2 -aggregates aggr1,aggr2

    この手順は、 Storage VM にボリュームを作成する前に、新しい Storage VM が少なくとも 1 つのアグリゲートにアクセスする必要があるためです。

  5. Cloud Volumes ONTAP 9.11.1以降を実行している場合は、Storage VMのネットワークサービスポリシーを変更します。

    サービスの変更が必要となるのは、Cloud Volumes ONTAP がiSCSI LIFをアウトバウンド管理接続に使用できるようにするためです。

    network interface service-policy remove-service -vserver <svm-name> -policy default-data-files -service data-fpolicy-client
    network interface service-policy remove-service -vserver <svm-name> -policy default-data-files -service management-ad-client
    network interface service-policy remove-service -vserver <svm-name> -policy default-data-files -service management-dns-client
    network interface service-policy remove-service -vserver <svm-name> -policy default-data-files -service management-ldap-client
    network interface service-policy remove-service -vserver <svm-name> -policy default-data-files -service management-nis-client
    network interface service-policy add-service -vserver <svm-name> -policy default-data-blocks -service data-fpolicy-client
    network interface service-policy add-service -vserver <svm-name> -policy default-data-blocks -service management-ad-client
    network interface service-policy add-service -vserver <svm-name> -policy default-data-blocks -service management-dns-client
    network interface service-policy add-service -vserver <svm-name> -policy default-data-blocks -service management-ldap-client
    network interface service-policy add-service -vserver <svm-name> -policy default-data-blocks -service management-nis-client
    network interface service-policy add-service -vserver <svm-name> -policy default-data-iscsi -service data-fpolicy-client
    network interface service-policy add-service -vserver <svm-name> -policy default-data-iscsi -service management-ad-client
    network interface service-policy add-service -vserver <svm-name> -policy default-data-iscsi -service management-dns-client
    network interface service-policy add-service -vserver <svm-name> -policy default-data-iscsi -service management-ldap-client
    network interface service-policy add-service -vserver <svm-name> -policy default-data-iscsi -service management-nis-client
SMB

新しい Storage VM と必要な LIF を作成するには、次の手順を実行します。

手順
  1. Storage VM と Storage VM へのルートを作成してください。

    vserver create -vserver <svm-name> -subtype default -rootvolume <root-volume-name> -rootvolume-security-style unix
    network route create -destination 0.0.0.0/0 -vserver <svm-name> -gateway <ip-of-gateway-server>
  2. NAS データ LIF を作成します。

    1. 次のコマンドを使用して、ノード 1 に NAS LIF を作成します。

      network interface create -vserver <svm-name> -lif <lif-name> -role data -data-protocol cifs,nfs -address <nfs--ip-address> -netmask-length <length> -home-node <name-of-node1> -status-admin up -failover-policy system-defined -firewall-policy data -home-port e0a -auto-revert true -failover-group Default -probe-port <port-number-for-azure-health-probe1>
    2. 次のコマンドを使用して、ノード 2 に NAS LIF を作成します。

      network interface create -vserver <svm-name> -lif <lif-name> -role data -data-protocol cifs,nfs -address <nfs-cifs-ip-address> -netmask-length <length> -home-node <name-of-node2> -status-admin up -failover-policy system-defined -firewall-policy data -home-port e0a -auto-revert true -failover-group Default -probe-port <port-number-for-azure-health-probe2>
  3. DNS 通信と SMB 通信を提供する iSCSI LIF を作成します。

    1. 次のコマンドを使用して、ノード 1 に iSCSI LIF を作成します。

      network interface create -vserver <svm-name> -home-port e0a -address <iscsi-ip-address> -lif <lif-name> -home-node <name-of-node1> -data-protocol iscsi
    2. 次のコマンドを使用して、ノード 2 に iSCSI LIF を作成します。

      network interface create -vserver <svm-name> -home-port e0a -address <iscsi-ip-address> -lif <lif-name> -home-node <name-of-node2> -data-protocol iscsi
  4. オプション:ノード 1 に Storage VM 管理 LIF を作成します。

    network interface create -vserver <svm-name> -lif <lif-name> -role data -data-protocol none -address <svm-mgmt-ip-address> -netmask-length <length> -home-node node1 -status-admin up -failover-policy system-defined -firewall-policy mgmt -home-port e0a -auto-revert false -failover-group Default -probe-port <port-number-for-azure-health-probe3>

    この管理 LIF は、 SnapCenter などの管理ツールへの接続を提供します。

  5. Storage VM に 1 つ以上のアグリゲートを割り当てます。

    vserver add-aggregates -vserver svm_2 -aggregates aggr1,aggr2

    この手順は、 Storage VM にボリュームを作成する前に、新しい Storage VM が少なくとも 1 つのアグリゲートにアクセスする必要があるためです。

  6. Cloud Volumes ONTAP 9.11.1以降を実行している場合は、Storage VMのネットワークサービスポリシーを変更します。

    サービスの変更が必要となるのは、Cloud Volumes ONTAP がiSCSI LIFをアウトバウンド管理接続に使用できるようにするためです。

    network interface service-policy remove-service -vserver <svm-name> -policy default-data-files -service data-fpolicy-client
    network interface service-policy remove-service -vserver <svm-name> -policy default-data-files -service management-ad-client
    network interface service-policy remove-service -vserver <svm-name> -policy default-data-files -service management-dns-client
    network interface service-policy remove-service -vserver <svm-name> -policy default-data-files -service management-ldap-client
    network interface service-policy remove-service -vserver <svm-name> -policy default-data-files -service management-nis-client
    network interface service-policy add-service -vserver <svm-name> -policy default-data-blocks -service data-fpolicy-client
    network interface service-policy add-service -vserver <svm-name> -policy default-data-blocks -service management-ad-client
    network interface service-policy add-service -vserver <svm-name> -policy default-data-blocks -service management-dns-client
    network interface service-policy add-service -vserver <svm-name> -policy default-data-blocks -service management-ldap-client
    network interface service-policy add-service -vserver <svm-name> -policy default-data-blocks -service management-nis-client
    network interface service-policy add-service -vserver <svm-name> -policy default-data-iscsi -service data-fpolicy-client
    network interface service-policy add-service -vserver <svm-name> -policy default-data-iscsi -service management-ad-client
    network interface service-policy add-service -vserver <svm-name> -policy default-data-iscsi -service management-dns-client
    network interface service-policy add-service -vserver <svm-name> -policy default-data-iscsi -service management-ldap-client
    network interface service-policy add-service -vserver <svm-name> -policy default-data-iscsi -service management-nis-client

HA ペアに Storage VM を作成したら、その SVM でストレージをプロビジョニングする前に 12 時間待つことを推奨します。Cloud Volumes ONTAP 9.10.1 リリース以降、 Cloud Manager は HA ペアのロードバランサの設定を 12 時間おきにスキャンします。新しい SVM がある場合、 Cloud Manager はより短い計画外フェイルオーバーを実現する設定を有効にします。