日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Google CloudでCloud Volumes ONTAP 用のデータ提供用Storage VMを作成

寄稿者

Storage VM は ONTAP 内で実行される仮想マシンであり、クライアントにストレージサービスとデータサービスを提供します。これは、 _ SVM _ または _ SVM _ であることがわかります。Cloud Volumes ONTAP にはデフォルトで 1 つの Storage VM が設定されますが、一部の設定では追加の Storage VM がサポートされます。

サポートされている Storage VM 数

9.11.1リリース以降、Google Cloudの特定のCloud Volumes ONTAP 構成で複数のStorage VMがサポートされています。にアクセスします "Cloud Volumes ONTAP リリースノート" 使用している Cloud Volumes ONTAP のバージョンでサポートされる Storage VM 数を確認してください。

他のすべての Cloud Volumes ONTAP 構成で、ディザスタリカバリに使用する 1 つのデータ提供用 Storage VM と 1 つのデスティネーション Storage VM がサポートされます。ソース Storage VM で停止が発生した場合は、デスティネーション Storage VM をデータアクセス用にアクティブ化できます。

Storage VM を作成

ライセンスでサポートされている場合は、1つのノードシステムまたはHAペアに複数のStorage VMを作成できます。HAペアにStorage VMを作成するにはCloud Manager APIを使用する必要があります。一方、CLIまたはSystem Managerを使用して、単一のノードシステムにStorage VMを作成できます。

シングルノードシステム

以下の手順では、CLIを使用してシングルノードシステムに新しいStorage VMを作成します。データLIFを作成するにはプライベートIPアドレスが1つ必要で、管理LIFを作成する場合はプライベートIPアドレスをもう1つ必要になります。

手順
  1. Google Cloudで、Cloud Volumes ONTAP インスタンスに移動し、各LIFのnic0にIPアドレスを追加します。

    Google Cloudコンソールのスクリーンショット。IP範囲を追加してCloud Volumes ONTAP のネットワークインターフェイスを編集できます。

    Storage VMに管理LIFを作成する場合は、データLIF用に1つのIPアドレスが必要です。また、オプションのIPアドレスをもう1つ追加する必要があります。

  2. Storage VM と Storage VM へのルートを作成してください。

    vserver create -vserver <svm-name> -subtype default -rootvolume <root-volume-name> -rootvolume-security-style unix
    network route create -destination 0.0.0.0/0 -vserver <svm-name> -gateway <ip-of-gateway-server>
  3. Google Cloudで追加したIPアドレスを指定してデータLIFを作成します。

    iSCSI
    network interface create -vserver <svm-name> -home-port e0a -address <iscsi-ip-address> -lif <lif-name> -home-node <name-of-node1> -data-protocol iscsi
    NFS または SMB
    network interface create -vserver <svm-name> -lif <lif-name> -role data -data-protocol cifs,nfs -address <nfs-ip-address> -netmask-length <length> -home-node <name-of-node1> -status-admin up -failover-policy disabled -firewall-policy data -home-port e0a -auto-revert true -failover-group Default
  4. オプション:Google Cloudで追加したIPアドレスを指定して、Storage VM管理LIFを作成します。

    network interface create -vserver <svm-name> -lif <lif-name> -role data -data-protocol none -address <svm-mgmt-ip-address> -netmask-length <length> -home-node <name-of-node1> -status-admin up -failover-policy system-defined -firewall-policy mgmt -home-port e0a -auto-revert false -failover-group Default
  5. Storage VM に 1 つ以上のアグリゲートを割り当てます。

    vserver add-aggregates -vserver <svm-name> -aggregates <aggr1,aggr2>

    この手順は、 Storage VM にボリュームを作成する前に、新しい Storage VM が少なくとも 1 つのアグリゲートにアクセスする必要があるためです。

HA ペア

Google CloudのCloud Volumes ONTAP システムでStorage VMを作成するには、Cloud Manager APIを使用する必要があります。Cloud ManagerではStorage VMに必要なLIFサービスが設定されるほか、アウトバウンドのSMB / CIFS通信に必要なiSCSI LIFが設定されるため、APIを使用する(System ManagerやCLIを使用することはない)必要があります。

Cloud Managerは、Google Cloudで必要なIPアドレスを割り当て、SMB / NFSアクセス用のデータLIFとアウトバウンドSMB通信用のiSCSI LIFを備えたStorage VMを作成します。

3.9.19リリースから、Cloud Volumes ONTAP HAペアのStorage VMを作成および管理するために、Connectorでは次の権限が必要になります。

- compute.instanceGroups.get
- compute.addresses.get

これらの権限はに含まれています "ネットアップが提供するポリシー"

手順
  1. Storage VMを作成するには、次のAPI呼び出しを使用します。

    「POST/occm/api/gCP/HA/作業環境/{WE_ID}/SVM/`」

    要求の本文には次の情報が含まれている必要があります

    { "svmName": "myNewSvm1" }

HAペアのStorage VMを管理します

Cloud Manager APIでは、HAペアのStorage VMの名前変更と削除もサポートされます。

Storage VMの名前を変更します

必要に応じて、Storage VMの名前はいつでも変更できます。

手順
  1. Storage VMの名前を変更するには、次のAPI呼び出しを使用します。

    「PUT /occm/api/gCP/HA/作業環境/{WE_ID}/SVM`」

    要求の本文には次の情報が含まれている必要があります

    {
    "svmNewName": "newSvmName",
    "svmName": "oldSvmName"
    }

Storage VMを削除します

不要になったStorage VMはCloud Volumes ONTAP から削除できます。

手順
  1. Storage VMを削除するには、次のAPI呼び出しを使用します。

    「delete /occm/api/gcp /ha/working environments /{WE_ID}/svm /{svm_name}