日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ボリュームを作成してマウント

Cloud Manager では、 Cloud Volumes Service for Google Cloud サブスクリプションに基づいてクラウドボリュームを作成できます。ボリュームを作成したら、クライアントにボリュームをマウントできるように、関連するマウントコマンドを取得します。

ボリュームを作成します

Cloud Volumes Service または SMB ボリュームは、新規または既存の Google Cloud アカウントで作成できます。現在、クラウドボリュームは、 Linux クライアントと UNIX クライアントでは NFSv3 と NFSv4.1 、 Windows クライアントでは SMB 3.x をサポートしています。

作業を開始する前に
  • GCP で SMB を使用する場合は、 DNS と Active Directory を設定しておく必要があります。

  • SMB ボリュームを作成する場合は、接続可能な Windows Active Directory サーバが必要です。この情報は、ボリュームの作成時に入力します。また、管理者ユーザが指定された Organizational Unit ( OU ;組織単位)パスでマシンアカウントを作成できることを確認してください。

手順
  1. 作業環境を選択し、 * 新しいボリュームの追加 * をクリックします。

  2. 詳細と場所ページで、ボリュームの詳細を入力します。

    1. ボリュームの名前を入力します。

    2. 1TiB ( 1024GiB )から 100TiB までの範囲のサイズを指定します。

    3. サービスレベルとして、 Standard 、 Premium 、または Extreme を指定します。

    4. Google Cloud リージョンを選択します。

    5. ボリュームにアクセスできる VPC ネットワークを選択します。ボリュームの作成後に VPC を変更または編集することはできません。

    6. [* Continue (続行) ] をクリックします

      ボリュームの詳細ページのスクリーンショットで、名前、サイズ、およびサービスレベルを指定します

  3. プロトコルページで、 NFS または SMB を選択し、詳細を定義します。NFS と SMB の必須のエントリは、以下の個別のセクションに表示されます。

  4. NFS の場合:

    1. ボリュームパスフィールドで、ボリュームのマウント時に表示されるボリュームエクスポートの名前を指定します。

    2. 要件に応じて、 NFSv3 、 NFSv4.1 、またはその両方を選択します。

    3. 必要に応じて、エクスポートポリシーを作成して、ボリュームにアクセスできるクライアントを特定することができます。を指定します。

      • IP アドレスまたは Classless Inter-Domain Routing ( CIDR )を使用して、許可するクライアントを設定します。

      • アクセス権は読み取り / 書き込みまたは読み取り専用です。

      • ユーザに使用するアクセスプロトコル(ボリュームで NFSv3 と NFSv4.1 の両方のアクセスが許可されている場合はプロトコル)。

      • 追加のエクスポートポリシールールを定義する場合は、「 * + エクスポートポリシールールの追加」をクリックします。

        次の図は、 NFS プロトコルの [Volume] ページの設定を示しています。

    NFS Cloud Volumes Service ボリュームについて入力されたボリュームページを示すスクリーンショット。

  5. SMB の場合:

    1. [ ボリュームパス ] フィールドで、ボリュームをマウントしたときに表示されるボリュームエクスポートの名前を指定し、 [ 続行 ] をクリックします。

    2. Active Directory が設定されている場合は、設定が表示されます。最初にセットアップするボリュームで、 Active Directory が設定されていない場合は、 SMB 接続のセットアップページで SMB セッション暗号化を有効にできます。

      フィールド 説明

      DNS プライマリ IP アドレス

      SMB サーバの名前解決を提供する DNS サーバの IP アドレス。複数のサーバを参照する場合は、カンマを使用して IP アドレスを区切ります。たとえば、 172.31.25.223 、 172.31.2.74 のようになります。

      参加する Active Directory ドメイン

      SMB サーバを参加させる Active Directory ( AD )ドメインの FQDN 。

      SMB サーバの NetBIOS 名

      作成する SMB サーバの NetBIOS 名を指定します。

      ドメインへの参加を許可されたクレデンシャル

      AD ドメイン内の指定した組織単位( OU )にコンピュータを追加するための十分な権限を持つ Windows アカウントの名前とパスワード。

      組織単位

      SMB サーバに関連付ける AD ドメイン内の組織単位。デフォルトでは、 Windows Active Directory サーバに接続するための CN=Computers が選択されます。

      次の図は、 SMB プロトコルの [Volume] ページの設定を示しています。

    SMB Cloud Volumes Service ボリュームについて設定されたボリュームページを示すスクリーンショット。

  6. [* Continue (続行) ] をクリックします

  7. 既存のボリュームの Snapshot に基づいてボリュームを作成する場合は、 Snapshot 名ドロップダウンリストから Snapshot を選択します。それ以外の場合は、 [* Continue (続行) ] をクリック

  8. Snapshot ポリシーページでは、 Cloud Volumes Service を有効にして、スケジュールに基づいてボリュームの Snapshot コピーを作成できます。選択範囲を右に移動するか、ボリュームをあとから編集して Snapshot ポリシーを定義できます。

    方法をご確認ください "Snapshot ポリシーを作成します"

  9. [ ボリュームの追加 ] をクリックします。

新しいボリュームが作業環境に追加されます。

クラウドボリュームのマウントに進みます。

クラウドボリュームをマウント

Cloud Manager でのマウント手順を参照して、ホストにボリュームをマウントできるようにします。

注記 クライアントでサポートされているハイライトされたプロトコル / ダイアレクトを使用します。
手順
  1. 作業環境を開きます。

  2. ボリュームにカーソルを合わせ、 * ボリュームをマウント * をクリックします。

    NFS ボリュームと SMB ボリュームには、そのプロトコルのマウント手順が表示されます。

  3. コマンドにカーソルを合わせてクリップボードにコピーすると、この処理が簡単になります。コマンドの最後にデスティネーションのディレクトリ / マウントポイントを追加するだけです。

    • nfs の例: *

      NFS ボリュームのマウント手順

      rsize' および wsize オプションで定義された最大 I/O サイズは 1048576 ですが、ほとんどのユースケースでは 65536 が推奨されています。

      「 rs=<nfs_version>` 」オプションで指定した場合を除き、 Linux クライアントのデフォルトは NFSv4.1 です。

    • SMB の例: *

    SMB ボリュームのマウント手順

  4. インスタンスのマウント手順に従って、ネットワークドライブをマッピングします。

    マウント手順の手順を完了すると、クラウドボリュームが GCP インスタンスに正常にマウントされます。