日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Cloud Data Sense からのデータソースの削除

必要に応じて、1つ以上の作業環境、データベース、ファイル共有グループ、OneDriveアカウント、Google Driveアカウント、 またはSharePointアカウント。

作業環境のコンプライアンススキャンを非アクティブにします

スキャンを非アクティブ化すると、 Cloud Data Sense は作業環境上のデータをスキャンしなくなり、データセンスインスタンスからインデックス付きのコンプライアンスインサイトを削除します(作業環境自体のデータは削除されません)。

  1. [Configuration] ページで、をクリックします "[ 詳細 ボタン"] ボタンをクリックして作業環境を選択し、 [* データセンスを非活動化 * ( Deactivate Data Sense * ) ] をクリックします。

データセンスを非活動化( Deactivate Data Sense )を選択できるアクションアイコンのスクリーンショット。このオプションは、キャンバスページから作業環境を選択した後で使用できます。

ヒント 作業環境を選択するときに、サービスパネルから作業環境のコンプライアンススキャンを無効にすることもできます。

Cloud Data Sense からのデータベースの削除

特定のデータベースをスキャンする必要がなくなった場合は、 Cloud Data Sense インターフェイスからそのデータベースを削除して、すべてのスキャンを停止できます。

  1. [Configuration] ページで、をクリックします "[ 詳細 ボタン"] ボタンをクリックし、 * DB サーバの削除 * をクリックします。

Scan Configuration ページの Remove DB Server ボタンのスクリーンショット。

Cloud Data SenseからOneDrive、SharePoint、Google Driveのアカウントを削除する方法について説明します

特定のOneDriveアカウント、特定のSharePointアカウント、またはGoogle Driveアカウントからユーザーファイルをスキャンする必要がなくなった場合は、Cloud Data Senseインターフェイスからアカウントを削除して、すべてのスキャンを停止できます。

手順
  1. [Configuration] ページで、をクリックします "[ 詳細 ボタン"] OneDrive、SharePoint、Google Driveアカウントの行にあるボタンをクリックし、* OneDriveアカウントの削除*、* SharePointアカウントの削除*、または* Googleドライブアカウントの削除*をクリックします。

    "[ スキャン構成 ページから [OneDrive を削除 ] ボタンのスクリーンショット。"]

  2. 確認ダイアログで * アカウントの削除 * をクリックします。

Cloud Data Sense からのファイル共有のグループの削除

ファイル共有グループからユーザファイルをスキャンする必要がなくなった場合は、 Cloud Data Sense インターフェイスからファイル共有グループを削除して、すべてのスキャンを停止できます。

手順
  1. [Configuration] ページで、をクリックします "[ 詳細 ボタン"] [ ファイル共有グループ ] の行にあるボタンをクリックし、 [ * ファイル共有グループの削除 * ] をクリックします。

    スキャン設定ページからファイル共有グループを削除ボタンのスクリーンショット。

  2. 確認ダイアログで * 共有のグループを削除 * をクリックします。