日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

リポジトリのスキャン設定を変更する

寄稿者

作業環境とデータソースごとに、スキャンされるデータを管理できます。変更は「リポジトリ」単位で行うことができます。つまり、ボリューム、バケット、共有、スキーマ、ユーザ、 など、スキャンするデータソースの種類によって異なります。

変更できる点は’リポジトリがスキャンされているかどうか’およびデータセンスがを実行しているかどうかです "マッピングスキャンまたはマッピング"。また、一定期間にわたるボリュームのスキャンを停止する必要がある場合などに、スキャンを一時停止および再開することもできます。

リポジトリのスキャンステータスの表示

データがスキャンしている個々のリポジトリ(ボリューム、バケットなど)を、それぞれの作業環境およびデータソースについて表示できます。さらに、「マッピング済み」の数と「分類済み」の数を確認できます。すべてのデータに対してAIの完全な識別が実行されるため、分類にかかる時間が長くなります。

手順
  1. [構成(Configuration)]タブで、作業環境の[構成(* Configuration *)]ボタンをクリックします。

    作業環境の設定ボタンをクリックする方法を示すスクリーンショット。

  2. [Scan Configuration]ページでは、すべてのリポジトリのスキャン設定を表示できます。

    バケットがスキャンされているかどうか、および現在のスキャンステータスを示すスクリーンショット。

_Scan Status_columnのグラフにカーソルを合わせると、各リポジトリ(この例ではbucket)でマッピングまたは分類されたファイルの数を確認できます。

リポジトリのスキャンタイプを変更する

設定ページからは、作業環境でマッピング専用スキャンまたはマッピングおよび分類スキャンをいつでも開始または停止できます。マッピングのみのスキャンからマッピングおよび分類スキャンに変更することもできます。また、マッピングのみのスキャンからマッピングおよび分類スキャンに変更することもできます。

ヒント データベースをマッピング専用スキャンに設定することはできません。データベーススキャンはオフまたはオンにできます。ここで、OnはMap & Classifyと同じです。
手順
  1. [構成(Configuration)]タブで、作業環境の[構成(* Configuration *)]ボタンをクリックします。

    作業環境の設定ボタンをクリックする方法を示すスクリーンショット。

  2. Scan Configurationページでは、任意のリポジトリ(この例ではバケット)を変更して* Map スキャンまたは Map & Classify スキャンを実行したり、 Off *を選択して特定のバケットのスキャンを停止したりできます。

    バケットのスキャンのタイプを選択する方法を示すスクリーンショット。

特定の作業環境では、ページ上部のボタンバーを使用して、すべてのリポジトリのスキャンタイプをグローバルに変更できます。これは、ONTAP システム用のCloud Volumes ONTAP 、オンプレミスONTAP 、Azure NetApp Files 、およびAmazon FSXに有効です。

次の例は、Azure NetApp Files システムのボタンバーを示しています。

作業環境内のすべてのボリュームに同じスキャン設定を行う方法を示すスクリーンショット。

リポジトリのスキャンの一時停止と再開

特定のコンテンツのスキャンを一時的に停止する場合は’リポジトリ上のスキャンを一時的に停止できますこれは、スキャンを「オフ」にするのとは異なります。スキャンをオフにすると、そのボリュームに関するすべてのインデックスと情報がシステムから削除されます。スキャンを一時停止すると、データ検索ではリポジトリへの変更や追加のスキャンは実行されませんが、現在の結果はすべてシステムに表示されたままになります。

スキャンはいつでも再開できます。

手順
  1. [構成(Configuration)]タブで、作業環境の[構成(* Configuration *)]ボタンをクリックします。

    作業環境の設定ボタンをクリックする方法を示すスクリーンショット。

  2. スキャン設定ページで、一時停止ボタンをクリックしてボリュームのスキャンを一時停止するか、再開ボタンを押して以前に一時停止したボリュームのスキャンを再開します。

    ボリューム上でスキャンを一時停止および再開する方法を示すスクリーンショット。

    一部のデータソースでは、SharePointサイトで以下に示すように、メニューに[一時停止]および[再開]機能が用意されています。

    SharePointサイトでスキャンを一時停止および再開する方法を示すスクリーンショット。

既存のリポジトリのデータを再スキャンしています

データ検出では、データを継続的にスキャンして、追加したリポジトリ内の増分変更を検出します。ただし、システムがすべての環境をスキャンするのに時間がかかり、スキャンするリポジトリの順序を制御する方法もありません。そのため、変更がシステムに反映されるように特定のリポジトリをただちに再スキャンする必要がある場合は、リポジトリを選択して再スキャンすることができます。これにより、特定のデータのスキャンに優先順位を付けてから、他のデータをスキャンすることができます。再スキャンアクションが完了すると、選択したリポジトリは通常のデータセンススケジュールでスキャンされている状態に戻ります。

ヒント 現在、単一のディレクトリ(フォルダまたは共有)の再スキャンがサポートされています。今後のサポートには、追加のリポジトリタイプ(ファイル、データベースなど)の再スキャンが含まれます。
  • ディレクトリを再スキャンする場合、ディレクトリ内のすべてのファイルは再スキャンされますが、ディレクトリ内のサブフォルダは再スキャンされません。

  • 共有を再スキャンする場合、共有のメタデータのみが再スキャンされます。

手順
  1. [データ調査結果]ペインで、再スキャンするフォルダまたは共有を選択し、[再スキャン]をクリックします。

    ディレクトリを選択して再スキャンする方法を示すスクリーンショット。

  2. _Rescan Directory_Dialogで、* Rescan *をクリックします。

メタデータの詳細を表示するときに、個々のディレクトリを再スキャンすることもできます。[Rescan]をクリックします。

単一のフォルダまたは共有の再スキャン方法を示すスクリーンショット。