日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Global File Cache の新機能

Global File Cache の新機能について説明します。

2022年6月23日(バージョン1.3.1)

バージョン1.3.1用のグローバルファイルキャッシュエッジソフトウェアは、から入手できます "このページです"。このリリースでは、に記載されている問題が修正されています "修正された問題"

2022年5月19日(バージョン1.3.0)

バージョン1.3.0のグローバルファイルキャッシュエッジソフトウェアは、から入手できます "このページです"

新しいメタデータエッジ同期機能

この「メタデータエッジ同期」機能は、エッジ同期機能をコアフレームワークとして使用します。すべてのサブスクライブ済みエッジでメタデータ情報のみが更新され、Edgeマシンでファイル/フォルダが作成されます。

License Manager Serviceの機能強化

Global File Cache License Management Server(LMS)サービスが拡張され、プロキシ設定が自動検出されるようになりました。これにより、シームレスな構成が可能になります。

2021 年 12 月 17 日(バージョン 1.2.0 )

OpenSSL モジュールがバージョン 1.1.1L にアップグレードされました。

これは最新バージョンであり、より安全です。このモジュールは、 GFC エッジと GFC コア間のセキュアな通信に使用されます。

ロギングインフラが強化されました。

2021 年 6 月 9 日(バージョン 1.1.0 )

「エッジ同期」機能が追加されました。

この機能では、リモートオフィスの複数のエッジが同期され、データは常にキャッシュ / ウォームに保存されます。ファイルを 1 つのエッジでフラッシュ / フェッチすると、 Edge Sync に参加するすべてのエッジ上の同じファイルが更新され、キャッシュされます。のセクション 8.4 を参照してください "『 NetApp Global File Cache User Guide 』を参照してください" を参照してください。

OpenSSL モジュールがバージョン 1.1.1k にアップグレードされました。

これは最新バージョンであり、より安全です。このモジュールは、 GFC エッジと GFC コア間のセキュアな通信に使用されます。

ライセンス登録ページが更新されました。

GFC ライセンス登録ページに、ネットアップのサブスクリプションを通じてライセンスをアクティブ化したときに表示されるライセンス数が追加されました。

2021 年 3 月 21 日(バージョン 1.0.3 )

GFC プロセスを Windows Defender から自動的に除外するためのソフトウェアインストーラのアップデート。

グローバルファイルキャッシュソフトウェアインストーラでは、すべての GFC プロセスが Windows Defender ソフトウェアのオンデマンドスキャンから除外されるようになりました。

新しい [ ポリシー構成 ] タブが構成コンソールに追加されました。

この設定タブでは、 GFC コアから事前入力ジョブを追加できます。

パフォーマンスと安定性を向上させながら、メモリ使用量を削減するようにソフトウェアを強化。