日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Amazon FSX for ONTAP 作業環境を管理します

寄稿者

BlueXPを使用すると’FSX for ONTAP の作業環境を管理できます容量の自動管理を有効にしたり、スループットとストレージ容量およびIOPSを変更したり、作業環境を削除したりできます。

容量の自動管理

容量の自動管理を有効にして、必要に応じて増分ストレージを追加することができます。自動容量管理では、クラスタを定期的にポーリングして、需要を評価し、クラスタの最大容量の10%までの割合でストレージ容量を自動的に拡張します。

注記 作業環境の作成時にIOPS値を手動で指定しなかった場合、BlueXPは新しい合計容量の1GiBあたり3 IOPS増加します。IOPS値を指定した場合、IOPSは調整されません。IOPSの設定の詳細については、を参照してください "作業環境を作成"

容量の自動管理は、デフォルトでは無効になっています。AWSでは、アクティブなコネクタの有無に関係なく、容量の自動割り当てを管理できます。

アクティブなコネクタなしで自動容量を管理します

AWSではアクティブなコネクタなしで容量の自動管理が可能です。

手順
  1. FSX for ONTAP 作業環境を開きます。

  2. メニューアイコン(3つのドットメニューアイコンの画像。)をクリックし、* Manage Automatic Capacity *を選択します。

    Manage Automatic Capacity(自動容量の管理)メニューのスクリーンショット。

  3. [容量の自動管理*]ページで、次の操作を行います。

    • ボックスを選択して、容量の自動管理を有効にします。

    • 容量の自動管理を以前に有効にしていた場合は、このチェックボックスをオフにします。

  4. * 適用 * を選択します。

アクティブなコネクタで自動容量を管理します

AWSのアクティブなコネクタを使用して自動容量を管理できます。

手順
  1. FSX for ONTAP 作業環境を開きます。

  2. 概要*(Overview )タブで、*フィーチャー(* Features *)を選択します。

  3. 鉛筆のアイコン(鉛筆の編集アイコンの画像。)をクリックして、*容量の自動管理*ページを開きます。

  4. [容量の自動管理*]ページで、次の操作を行います。

    • ボックスを選択して、容量の自動管理を有効にします。

    • 容量の自動管理を以前に有効にしていた場合は、このチェックボックスをオフにします。

  5. * 適用 * を選択します。

スループット容量を変更します

スループット容量は、ONTAP 作業環境でFSXを作成したあとにいつでも変更できます。

作業を開始する前に

アクティブなが必要です "AWS のコネクタ"

手順
  1. FSX for ONTAP 作業環境を開きます。

  2. 概要*(Overview )タブで、*フィーチャー(* Features *)を選択します。

  3. 鉛筆のアイコン(鉛筆の編集アイコンの画像。)をクリックして、* Throughput Capacity *編集ページを開きます。

    スループット容量変更メニューの場所のスクリーンショット。

  4. ドロップダウンから新しいスループット容量を選択し、「* Update *」を選択します。この変更が反映されるまでに最大25分かかることがあり、データアクセスが中断されることはありません。

ストレージ容量とIOPSを変更します

ストレージ容量とIOPSは、ONTAP 作業環境でFSXを作成した後、いつでも変更できます。

作業を開始する前に

アクティブなが必要です "AWS のコネクタ"

手順
  1. FSX for ONTAP 作業環境を開きます。

  2. 概要*(Overview )タブで、*フィーチャー(* Features *)を選択します。

  3. 鉛筆のアイコン(鉛筆の編集アイコンの画像。)をクリックして、* Storage Capacity & IOPS *編集ページを開きます。

    ストレージ容量およびIOPSの変更メニューの場所のスクリーンショット。

  4. ストレージ容量とIOPSは6時間に1回変更可能です。頻繁に変更しようとすると、エラーが表示されます。

    ストレージ容量とIOPSの値を変更するページのスクリーンショット。

    注記
    • データ階層化のパフォーマンスを維持し、追加のデータ用の容量を確保するために、推奨されるストレージ容量の最大利用率は80%です。

    • Automatic * IOPSを選択すると、プライマリストレージのGiBあたりのプロビジョニング済みSSD IOPSが最大80、000回維持されます。80、000以上のIOPS値を手動でプロビジョニングすることはできません。

  5. チェックボックスをオンにすると、ストレージ容量の変更がONTAP サービスのFSXのコストに影響し、さらに6時間変更できないことがわかります。

  6. 「* Update *」を選択して変更を確定します。

ワークスペースから ONTAP の FSX を削除します

FSX for ONTAP をBlueXPから削除する場合は、ONTAP アカウントまたはボリュームのFSXを削除する必要はありません。FSX for ONTAP の作業環境はいつでもBlueXPに戻すことができます。

手順
  1. 作業環境を開きます。AWS にコネクタがない場合は、プロンプト画面が表示されます。これは無視して作業環境の削除に進んでください。

  2. ページの右上にあるアクションメニューを選択し、*ワークスペースから削除*を選択します。

    BlueXPインターフェイスからのFSX for ONTAP の削除オプションのスクリーンショット

  3. ONTAP 用FSXをBlueXPから削除するには、「*削除」を選択します。

ONTAP 作業環境の FSX を削除します

BlueXPからFSX for ONTAP を削除できます。

作業を開始する前に
注記 ボリュームを削除または削除するには、 AWS でアクティブなコネクタが必要になります。
  • 障害ボリュームが含まれている作業環境は削除できません。ONTAP ファイルシステムの FSX を削除する前に、 AWS 管理コンソールまたは CLI を使用して障害ボリュームを削除する必要があります。

警告 この操作を実行すると、作業環境に関連付けられているすべてのリソースが削除されます。この操作を元に戻すことはできません。
手順
  1. 作業環境を開きます。AWS にコネクタがない場合は、プロンプト画面が表示されます。これは無視して作業環境の削除に進んでください。

  2. ページの右上にあるアクションメニューを選択し、*削除*を選択します。

    BlueXPインターフェイスからのFSX for ONTAP の削除オプションのスクリーンショット。

  3. 作業環境の名前を入力し、*削除*を選択します。