日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Cloud Manager での Kubernetes によるデータ管理

Astra Trident は、ネットアップが管理している、完全にサポートされているオープンソースプロジェクトです。Kubernetes と Persistent Volume フレームワークとネイティブに統合されている Astra Trident は、ネットアップストレージプラットフォームを任意に組み合わせて実行されているシステムから、ボリュームのプロビジョニングと管理をシームレスに行います。 "Trident の詳細をご確認ください"

の機能

Kubernetes クラスタは、 Cloud Manager を使用して直接管理できます。

  • Astra Trident をインストール

  • ハイブリッドクラウドインフラの一部としてクラスタを追加、管理

  • ストレージクラスを追加して管理し、作業環境に接続する。

  • Cloud Backup Service を使用して永続ボリュームをバックアップする。

サポートされる Kubernetes 環境

Cloud Manager は、で実行されるマネージド Kubernetes クラスタをサポートします。

サポートされている Astra Trident 環境

最新バージョンの 4 つの Astra Trident が必要です。Trident は Cloud Manager から直接インストールできます。お勧めします "前提条件を確認します" インストールの前に、

Astra Trident をアップグレードするには、 "オペレータにアップグレードしてください"

サポートされるバックエンドストレージ

ネットアップのAstra Tridentは各Kubernetesクラスタにインストールする必要があり、Cloud Volumes ONTAP またはAmazon FSX for ONTAP はクラスタのバックエンドストレージとして設定する必要があります。

コスト

Cloud Manager で Kubernetes クラスタを検出する際に料金は発生しませんが、 Cloud Backup Service を使用して永続ボリュームをバックアップした場合に料金が発生します。