日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

GCP の Cloud Volumes ONTAP 9.6 でサポートされている構成

寄稿者 netapp-bcammett このページの PDF をダウンロード

Cloud Volumes ONTAP は、シングルノードシステムとして Google Cloud Platform で利用できます。従量課金制とお客様所有のライセンス( BYOL )の 2 種類の料金プランがあります。

従量課金制の概要

  • Cloud Volumes ONTAP には、 Explore 、 Standard 、 Premium の 3 種類のライセンスオプションがあります。

  • GCP に初めて導入する Cloud Volumes ONTAP システムでは、 30 日間の無償トライアルを利用できます。

    • ソフトウェア料金は時間単位では発生しませんが、 GCP インフラストラクチャの料金(コンピューティング、ストレージ、ネットワーク)は引き続き適用されます。

    • 無料トライアルが終了すると、選択したライセンスに従って 1 時間ごとに請求されます。 "購読している限り"。購読していない場合は、システムがシャットダウンします。

  • PAYGO から BYOL への変換は現在サポートされていません。

  • 基本的なテクニカルサポートが提供されますが、ご使用のシステムに関連付けられたネットアップのシリアル番号を登録して有効化する必要があります。

BYOL の概要

  • 12 カ月、 24 カ月などの期間ベースのサブスクリプションオプションが設定されたシングルノードライセンス。

  • サブスクリプション期間中はサポートが含まれます。

  • Cloud Volumes ONTAP BYOL システムでは、複数のライセンスを購入して、 368 TB を超える容量を割り当てることができます。

    たとえば、 2 つのライセンスを購入して、 Cloud Volumes ONTAP に最大 736TB の容量を割り当てることができます。また、 4 つのライセンスを購入して、最大 1.4 PB までライセンスを取得することもできます。

ライセンスでサポートされている構成

Cloud Volumes ONTAP は、シングルノードシステムとして Google Cloud Platform で利用できます。

調査 標準 Premium サービス BYOL

サポートされているマシンタイプ ^1

custom-4-16384

N1-standard-8

N1-standard-32

  • custom-4-16384

  • N1-standard-8

  • N1-standard-32

サポートされているディスクタイプ 2

ゾーン型永続ディスク( SSD と標準)

オブジェクトストレージへのコールドデータの階層化

サポート対象外

サポートされます

最大システム容量(ディスク + オブジェクトストレージ)

2TB

10 TB

368 TB3

ライセンスあたり 368 TB 3

注:

  1. カスタムマシンタイプには、 vCPU 4 個と 16GB のメモリがあります。標準マシンタイプの詳細については、を参照してください "Google Cloud のドキュメント:「 Machine Types"

  2. SSD の使用時には書き込みパフォーマンスの向上が実現します。

  3. ディスク制限を使用すると、ディスクだけを使用して 368 TB の容量制限に達することができません。を使用すると、 368 TB の容量制限に達することができます "使用頻度の低いデータをオブジェクトストレージに階層化します"

  4. Google Cloud Platform リージョンのサポートについては、を参照してください "Cloud Volume グローバルリージョン"

サポートされるディスクサイズ

GCP では、アグリゲートに同じタイプとサイズのディスクを 6 本まで含めることができます。次のディスクサイズがサポートされています。

  • 100 GB

  • 500 GB

  • 1 TB

  • 2TB

  • 4 TB

  • 8 TB

  • 16 TB