日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Cloud Volumes ONTAP 9.6 の Azure のストレージ制限

寄稿者 netapp-bcammett

Cloud Volumes ONTAP には、安定した運用を実現するために、ストレージ構成の制限があります最大のパフォーマンスを得るためには、システムを最大値で構成しないでください。

ライセンス別の最大システム容量

Cloud Volumes ONTAP システムの最大システム容量はライセンスで決まります。最大システム容量には、ディスクベースのストレージに加えて、データの階層化に使用されるオブジェクトストレージが含まれます。ネットアップはこの制限を超えてもサポートしていません。

使用許諾 最大システム容量(ディスク + オブジェクトストレージ)

調査

2TiB ( Explore ではデータ階層化はサポートされません)

標準

10TiB

Premium サービス

368TiB

BYOL

1 ライセンスあたり 368 TiB

HA の場合、ライセンスの容量制限はノード単位か、 HA ペア全体に適用されるか

容量制限は HA ペア全体の容量制限です。ノード単位ではありません。たとえば、 Premium ライセンスを使用する場合、両方のノード間で最大 368 TiB の容量を確保できます。

ディスクおよび階層化の制限を VM のサイズごとに設定します

以下のディスク制限は、ユーザデータが格納されたディスクに固有です。この制限には、ブートディスクとルートディスクは含まれていません。次の表は、ディスクまたは単独の場合の VM サイズ別の最大システム容量と、オブジェクトストレージへのディスクおよびコールドデータの階層化を示しています。

システム容量の制限により、 Explore または Standard ライセンスでディスク制限にアクセスできないため、 Premium ライセンスおよび BYOL ライセンスの場合は VM サイズでディスク制限が表示されます。

  • シングルノードシステムでは、 Standard HDD Managed Disks 、 Standard SSD Managed Disks 、および Premium SSD Managed Disks を使用でき、ディスクあたり最大 32TiB を使用できます。サポートされるディスクの数は VM のサイズによって異なります。

  • HA システムでは、 Premium ページ BLOB をディスクとして使用し、 1 ページ Blob に対して最大 8 TiB を使用します。サポートされるディスクの数は VM のサイズによって異なります。

Premium ライセンスがあるシングルノード

VM サイズ ノードあたりの最大ディスク数 ディスクのみの場合の最大システム容量 ディスクとデータ階層化による最大システム容量

DS5_v2 の場合

63

368TiB

368TiB

DS14_v2

63

368TiB

368TiB

DS15_v2 の場合

63

368TiB

368TiB

1 つ以上の BYOL ライセンスがあるシングルノード

注記 一部の VM タイプでは、次に示す最大システム容量に到達するために複数の BYOL ライセンスが必要です。たとえば、 DS5_v2 で 2 PiB に到達するには 6 つの BYOL ライセンスが必要です。
VM サイズ ノードあたりの最大ディスク数 最大システム容量( 1 ライセンス 複数のライセンスを持つ最大システム容量

* ディスクのみ *

* ディスク + データ階層化 *

* ディスクのみ *

* ディスク + データ階層化 *

DS3_v2 の場合

15

368TiB

368TiB

480TiB

1 ライセンスあたり 368 TiB

DS4_v2

31.

368TiB

368TiB

992TiB

1 ライセンスあたり 368 TiB

DS5_v2 の場合

63

368TiB

368TiB

2 PiB

1 ライセンスあたり 368 TiB

DS13_v2 の場合

31.

368TiB

368TiB

992TiB

1 ライセンスあたり 368 TiB

DS14_v2

63

368TiB

368TiB

2 PiB

1 ライセンスあたり 368 TiB

DS15_v2 の場合

63

368TiB

368TiB

2 PiB

1 ライセンスあたり 368 TiB

Premium ライセンスがある HA ペア

VM サイズ HA ペア用の MAX Data ディスク ディスクのみの場合の最大システム容量 ディスクとデータ階層化による最大システム容量

DS5_v2 の場合

63

368TiB

368TiB

DS14_v2

63

368TiB

368TiB

DS15_v2 の場合

63

368TiB

368TiB

1 つ以上の BYOL ライセンスがある HA ペア

VM サイズ HA ペア用の MAX Data ディスク 最大システム容量( 1 ライセンス 複数のライセンスを持つ最大システム容量

* ディスクのみ *

* ディスク + データ階層化 *

* ディスクのみ *

* ディスク + データ階層化 *

DS4_v2

31.

368TiB

368TiB

248TiB

1 ライセンスあたり 368 TiB

DS5_v2 の場合

63

368TiB

368TiB

504TiB

1 ライセンスあたり 368 TiB

DS13_v2 の場合

31.

368TiB

368TiB

248TiB

1 ライセンスあたり 368 TiB

DS14_v2

63

368TiB

368TiB

504TiB

1 ライセンスあたり 368 TiB

DS15_v2 の場合

63

368TiB

368TiB

504TiB

1 ライセンスあたり 368 TiB

アグリゲートの制限

Cloud Volumes ONTAP は Azure ストレージをディスクとして使用し、これらを Aggregate_ にグループ化します。アグリゲートは、ボリュームにストレージを提供します。

パラメータ 制限( Limit )

アグリゲートの最大数

ディスクリミットと同じ

最大アグリゲートサイズ

シングルノード用の 352TiB の物理容量 ^1 、 ^2 HA ペア用に 96TiB の物理容量 ^1 ^

アグリゲートあたりのディスク数

1-123

アグリゲートあたりの RAID グループの最大数

1.

注:

  1. アグリゲートの容量の制限は、アグリゲートを構成するディスクに基づいています。データの階層化に使用されるオブジェクトストレージは制限に含まれません。

  2. 9.6 P3 以降では、 352 TiB の制限がサポートされています。9.6 P3 より前のリリースでは、シングルノードシステムのアグリゲートで最大 200TiB の物理容量がサポートされます。

  3. アグリゲート内のディスクはすべて同じサイズである必要があります。

論理ストレージの制限

論理ストレージ パラメータ 制限( Limit )

* Storage Virtual Machine ( SVM ) *

Cloud Volumes ONTAP の最大数 ( HA ペアまたはシングルノード)

データ提供用 SVM × 1 、ディザスタリカバリ用にデスティネーション SVM × 1ソース SVM で障害が発生した場合は、デスティネーション SVM をデータアクセス用にアクティブ化できます。^1 この 1 つのデータ提供用 SVM は、 Cloud Volumes ONTAP システム( HA ペアまたはシングルノード)全体にまたがります。

* ファイル *

最大サイズ

16TiB

ボリュームあたりの最大数

ボリュームサイズは最大 20 億個です

* FlexClone ボリューム *

クローン階層の深さ 2

499

* FlexVol ボリューム *

ノードあたりの最大数

500

最小サイズ

20 MB

最大サイズ

100TiB

* qtree *

FlexVol あたりの最大数

4,995

* Snapshot コピー *

FlexVol あたりの最大数

1,023

注:

  1. Cloud Manager では、 SVM ディザスタリカバリのセットアップやオーケストレーションはサポートされません。また、追加の SVM でストレージ関連のタスクをサポートしていません。SVM ディザスタリカバリには、 System Manager または CLI を使用する必要があります。

  2. クローン階層の深さは、 1 つの FlexVol から作成できる、ネストされた FlexClone ボリュームの最大階層です。

iSCSI ストレージの制限

iSCSI ストレージ パラメータ 制限( Limit )

* LUN*

ノードあたりの最大数

1,024

LUN マップの最大数

1,024

最大サイズ

16TiB

ボリュームあたりの最大数

512

* igroup 数 *

ノードあたりの最大数

256

* イニシエータ *

ノードあたりの最大数

512

igroup あたりの最大数

128

* iSCSI セッション *

ノードあたりの最大数

1,024

* LIF *

ポートあたりの最大数

32

ポートセットあたりの最大数

32

* ポートセット *

ノードあたりの最大数

256