日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Cloud Volumes ONTAP 9.9.0 の新機能

寄稿者 netapp-bcammett このページの PDF をダウンロード

Cloud Volumes ONTAP 9.9.0 には、いくつかの新機能と機能拡張が含まれています。

その他の機能と機能拡張は、 Cloud Manager の最新バージョンで導入されました。を参照してください "Cloud Manager リリースノート" を参照してください。

最新のアップデート( 2021 年 4 月 21 日)

AWS では、ディザスタリカバリ( DR )用に最大 24 個の Storage VM ( SVM )を設定できるようになりました。これまでの制限は、 DR に使用する Storage VM 12 台でした。

最新のアップデート( 2021 年 4 月 12 日)

Cloud Volumes ONTAP 9.9.0 のリリース以降、いくつかの更新が行われています。

これらの EBS ディスクの変更は、 Cloud Manager 3.2.5 の一部として導入されました。

  • Azure アップデート *

  • 新しい E シリーズ VM タイプがサポートされます。

    • 4S_v3 でシングルノードシステムの場合は、 PAYGO Explore または BYOL を使用します

    • ONTAP を使用する単一ノードシステムの場合は、 PAYGO Standard または BYOL を使用し、 HA ペアは PAYGO Premium または BYOL を使用します

    • E64is_v3 : PAYGO Premium または BYOL を使用したシングルノードシステム

  • Cloud Volumes ONTAP BYOL では、最大 24 個の Storage VM ( SVM )がサポートされています。これらの 24 個の Storage VM からデータを提供することも、ディザスタリカバリ( DR )用に設定することもできます。

    9.9.0 リリースでの以前の制限は、 Azure の DR に使用する Storage VM 12 台でした。

9.9.0 GA ( 2021 年 3 月 9 日)

9.9.0 GA リリースは、 AWS 、 Azure 、 Google Cloud Platform で利用できます。このリリースには、次の新機能と機能拡張が含まれています。

書き込みパフォーマンスの向上

このリリースでは、すべてのクラウドプロバイダとすべての構成で、 Cloud Volumes ONTAP の書き込みパフォーマンスが向上しています。

新しい EC2 インスタンスタイプがサポートされます

次の Amazon EC2 インスタンスタイプで Cloud Volumes ONTAP がサポートされるようになりました。

  • m5a.2xlarge 、 with Standard および BYOL 」の 2 つのタイプがあります

  • m5a.16 倍( Premium および BYOL

  • C5a.12xL (プレミアムおよび BYOL )

の詳細を確認してください "M5a インスタンス" および。

Azure で 24 個の Storage VM がサポートされます

独自のライセンスを使用( BYOL )すると、 Azure の Cloud Volumes ONTAP で 24 個の Storage VM がサポートされるようになりました。これには、 DR に使用される Storage VM が最大 12 台含まれます。

デフォルトでは、 Cloud Volumes ONTAP に付属する最初の Storage VM 以降に追加する data_serving_storage VM ごとにアドオンライセンスが必要です。アカウントチームに連絡して SVM アドオンライセンスを入手してください。

ディザスタリカバリ( DR )用に設定する Storage VM には追加ライセンスは必要ありませんが(無償)、 Storage VM の数は制限に含まれます。

必要な Cloud Manager Connector のバージョン

新しい Cloud Volumes ONTAP 9.9.0 システムを導入し、既存のシステムを 9.9.4.0 にアップグレードするには、 Cloud Manager Connector のバージョン 3.9.4 以降が実行されている必要があります。

Cloud Manager 3.9.4 で導入された変更点

Cloud Manager 3.9.4 リリースでは、 AWS KMS のサポート強化、 Google Cloud での共有 VPC のサポート、 Google Cloud での IP の削減など、 Cloud Volumes ONTAP の管理機能がいくつか強化されています。

にアクセスします "Cloud Manager リリースノート" 3.9.4 リリースの詳細については、を参照してください。

アップグレードに関する注意事項

  • Cloud Volumes ONTAP のアップグレードが Cloud Manager から完了している必要があります。System Manager または CLI を使用して Cloud Volumes ONTAP をアップグレードしないでください。これを行うと、システムの安定性に影響を与える可能性

  • 9.8 リリースから Cloud Volumes ONTAP 9.9.0 にアップグレードできます。既存の Cloud Volumes ONTAP 9.8 システムを 9.9.0 リリースにアップグレードするよう求めるメッセージが Cloud Manager に表示されます。

  • シングルノードシステムのアップグレードでは、 I/O が中断されるまで最大 25 分間システムがオフラインになります。

  • HA ペアのアップグレードは無停止で、 I/O が中断されません。無停止アップグレードでは、各ノードが連携してアップグレードされ、クライアントへの I/O の提供が継続されます。

C4 、 M4 、および R4 インスタンスタイプ

9.8 リリース以降では、新しい Cloud Volumes ONTAP システムで C4 、 M4 、および R4 インスタンスタイプはサポートされません。C4 、 M4 、または R4 インスタンスタイプで実行されている既存の Cloud Volumes ONTAP システムがある場合も、このリリースにアップグレードできます。

C5 、 m5 、または r5 インスタンスファミリーのインスタンスタイプに変更することをお勧めします。