日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

NetApp Astra データコレクタ

このデータコレクタは、単一の Astra データストアクラスタのインベントリデータとパフォーマンスデータを取得します。データコレクタに加えて、Monitoring Operatorは高度なメトリックを収集し、CONFIGURE_Fluent bit_toはログを収集します。

ヒント 以下のインストール手順と追加情報は、 Astra データストアのドキュメントにも記載されています。"Cloud Insights で指標を監視" "Astra データストアのクイックスタート"

用語集

Cloud Insights は、このデータコレクタからインベントリデータとパフォーマンスデータを取得します。取得したアセットのタイプごとに、そのアセットに使用される最も一般的な用語が表示されます。このデータコレクタを表示またはトラブルシューティングするときは、次の用語に注意してください。

ベンダー / モデルの用語 Cloud Insights の用語

AstraDSVolume

内部ボリューム

AstraDSNodeInfo.status.drives

ディスク

AstraDSNodeInfo

ストレージノード

AstraDSExportPolicy の順にクリックします

共有 / 共有イニシエータ

AstraDSCluster

ストレージ

要件

  • NetApp Monitoring Operator は、 Astra データストアを使用する Kubernetes クラスタにインストールする必要があります。Astra Data Store のインストール時にインストールされなかった場合は、 Astra Data Store のインストール手順に従って、モニタリングオペレータをインストールしてください。

  • _kubectl-astras_kubectl プラグインをインストールする必要がありますインストールされていない場合は、 Astra Data Store のインストール手順に従って、 _kubectl-astrs_binary をインストールしてください。

  • 利用可能なコマンドは、 _ awk 、 curl 、 grep 、および jq_ です。

インストール

インストールスクリプトの指示に従って、 Astra Data Store データコレクタをインストールします。画面の指示に従います。インストールが完了するまでに数分かかります。完了すると、データが Cloud Insights に表示されるまでに数分かかることがあります。

スクリプトでは、次の手順を実行します。

  1. API のアクセストークンを選択します。

  2. インストールダイアログからインストーラスクリプトをコピーし、 _cloudInsights -ads-monitoring .sh という名前のファイルとして保存します。クリップボードアイコンをクリックすると、スクリプトをクリップボードにすばやくコピーできます。

  3. Bash ウィンドウを開き、 _cloudin保管 場所 - ads-monitoring .sh スクリプトの場所にディレクトリを変更します。

  4. インストールダイアログからパーミッションコマンドブロックをコピーしますクリップボードアイコンをクリックすると、コマンドをクリップボードに簡単にコピーできます。

  5. Bash ウィンドウに権限のコマンドを貼り付け、 Enter キーを押します。

  6. インストールダイアログからインストールコマンドをコピーします。クリップボードアイコンをクリックすると、コマンドをクリップボードに簡単にコピーできます。

  7. Bash ウィンドウに install コマンドを貼り付けます。

  8. 「 <Kubernetes の IP > 」を Kubernetes API サーバの IP アドレスに置き換えます。

  9. <Kubernetes トークン > を Kubernetes API トークンに置き換えます。

  10. Enter キーを押します。

    インストーラスクリプトは、 * Monitoring Operator がインストールされ、設定されていることを確認します。* Fluent ビットを設定します。* Acquisition Unit をインストールします。* Acquisition Unit を起動したら、 Astra Data Store コレクタをインストール

  11. 完了設定 _ をクリックします。

エラーが原因でインストーラスクリプトが終了した場合は、エラーが解決したら再実行できます。デフォルトの設定を使用しない環境の場合、インストーラスクリプトでは、 Monitoring Operator 名前空間や Kubernetes API サーバポートなどの追加のパラメータがサポートされます。使用可能なオプションの一覧を以下に示します。

インストーラのスクリプトオプション:

Cloud Insights ドメイン名と選択した API アクセスキーは、ダウンロード時にインストーラスクリプトに組み込まれます。

$ ./cloudinsights-ads-monitoring.sh -h
USAGE: cloudinsights-ads-monitoring.sh [OPTIONS]
Configure monitoring of Astra Data Store by Cloud Insights.
OPTIONS:
 -h                      Display this help message.
 -d ci_domain_name       Cloud Insights tenant domain name.
 -i kubernetes_ip        Kubernetes API server IP address.
 -k ci_api_key           Cloud Insights API Access Key.
 -n namespace            Namespace for monitoring components. (default: netapp-monitoring)
 -p kubernetes_port      Kubernetes API server port. (default: 6443)
 -r root_pv_dir          Create 3 Persistent Volumes in this directory for the Acquisition Unit.
                         Only specify this option if there is no Storage Provisioner installed and the PVs do not already exist.
 -s storage_class        Storage Class name for provisioning Acquisition Unit PVs. If not specified, the default storage class will be used.
 -t kubernetes_token     Kubernetes API server token.

トラブルシューティング

このデータコレクタで問題が発生した場合の対処方法を次に示します。

Astra データストアデータコレクタ

問題 次の操作を実行します

「 Unauthorized 」というメッセージが表示されます

Kubernetes API トークンに、 astrads.netapp.io apiGroup 内の API を呼び出す権限があることを確認します

不明なホスト : astrs-metric-service-astras-system.svc.cluster.local : 名前またはサービスが不明です

ADS Kubernetes クラスタ内で実行されている Acquisition Unit ポッドにコレクタがインストールされていることを確認します。astrs-metric-service が astrs-system 名前空間を実行していることを確認します。

インストールスクリプト

問題 次の操作を実行します

名前空間で監視演算子が実行されていません。

Astra Data Store のインストール手順に従ってインストールします

300 秒後に Acquisition Unit ポッドが起動しませんでした。

Acquisition Unit ポッドの名前を取得します。 kubectl get pod — namespace NetApp-monitoring

grep "au-pPOD " Check the pod events for errors : kubectl describe pod --namespace NetApp-monitoring <pod name>

Acquisition Unit のインストールが 900 秒経っても完了しません

Acquisition Unit ポッドの名前を取得します。 kubectl get pod — namespace NetApp-monitoring

grep "au-pPOD " Check the pod logs for errors : kubectl logs — namespace netapp -monitoring <pod _name> エラーがなく、ログの末尾に「 Main-Acquisition is up and running !」というメッセージが表示されている場合、インストールは成功しましたが、想定よりも長くなりました。インストールスクリプトを再実行します。

Cloud Insights から Acquisition Unit ID を取得できませんでした

Cloud Insights に Acquisition Unit が表示されることを確認します。Admin > Data Collectors に移動し、 Acquisition Unit タブをクリックします。Cloud Insights API キーに Acquisition Unit の権限があることを確認します。

この Data Collector の追加情報は、から入手できます "サポート" ページまたはを参照してください "Data Collector サポートマトリックス"