日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

NetApp Config Advisor データコレクタ

このデータコレクタは、ONTAP を実行するストレージシステムから設定データを取得し、読み取り専用呼び出しを使用して接続されたスイッチを取得します。また、このデータコレクタは、ONTAP クラスタ構成のスタック全体に対して設定の検証と健全性のチェックを実行し、ケーブル接続、設定、耐障害性、可用性、セキュリティの問題を特定します。

注記 Config Advisor は_Preview_featureとみなされるため、変更される可能性があります。プレビュー中に、MUコストは発生しません。

用語集

Cloud Insights は、ONTAP から設定データを取得し、Config Advisor データコレクタを使用してスイッチを取得します。取得したアセットのタイプごとに、そのアセットに使用される最も一般的な用語が表示されます。このデータコレクタを表示またはトラブルシューティングするときは、次の用語に注意してください。

ベンダー / モデルの用語 Cloud Insights の用語

ディスク

ディスク

スイッチ

スイッチ

クラスタ

ストレージ

ノード

ストレージノード

アグリゲート

ストレージプール

LUN

ボリューム

ボリューム

内部ボリューム

また、Config Advisor 指標は、ダッシュボードおよび_NetAppONTAP.configadviser_tagを使用したその他のクエリで使用できます。configadvisorメトリックタグを示すドロップダウン

Config Advisor の用語

Config Advisor ダッシュボードに表示されるオブジェクトや参照に関連する用語を以下に示します。

デバイスサマリ

  • model –このクラスタ内で一意のディスクリートノードのモデル名をカンマで区切って指定します。クラスタ内のすべてのノードのモデルタイプが同じ場合、表示されるモデル名は 1 つだけです。

  • デバイスタイプ/タイプ–データソースのデバイスのタイプ–ストレージコントローラ/スイッチ

  • ベンダー/サブタイプ–新しいデータソースを設定しているかどうかと同じベンダー名が表示されます。

  • Serial Number –アレイのシリアル番号。ONTAP データ管理などのクラスタアーキテクチャストレージシステムでは、このシリアル番号は個々の「ストレージノード」のシリアル番号よりも有用性が低い場合があります。

  • hostname -データソースで設定されているホスト名。

  • version - OSまたはファームウェアのバージョン。

ルールの結果

  • ルール–推奨されるプラクティスからの構成の逸脱を分析したり、既知の問題を特定したりする、システムに対して実行されるチェック。

  • ルール名–実行されるルールまたはチェックの短い名前。

  • ルールID–ルールの識別子。

  • Target:ルールが適用されるコンポーネント。クラスタ名、ノード名、またはスイッチ名です。

  • 影響–システムへのリスクの影響。影響レベルは次のように分類されます

    • 高影響:データアクセスが失われたり、ノードの冗長性が長時間失われたりする可能性があります

    • Medium Impact:パフォーマンスの低下やノードの冗長性の短期的な喪失。

    • 影響が小さい:影響の少ないシナリオ

    • ベストプラクティス:ドキュメント化されたベストプラクティスからの偏差

  • 概要 –エラーの簡単な概要 。

  • Details–影響を受けたコンポーネントの一覧を示すエラーの詳細な概要

    • 推奨事項–リスクまたは修正に関する詳細情報を提供する技術情報アーティクルまたはネットアップドキュメントへのリンク。

要件

このデータコレクタを設定して使用するための要件は次のとおりです。

  • ONTAP のSSHコールとONTAPIコールに読み取り専用アクセスするように設定された管理者アカウントへのアクセスが必要です。

  • スイッチが収集対象に含まれている場合、スイッチのSSH呼び出しに対して読み取り専用アクセスが設定された管理者アカウントへのアクセス権が必要です

  • アカウントの詳細には、ユーザ名とパスワードが含まれます。ONTAP がSSHキーベース認証または多要素認証(MFA)用に設定されている場合、必要に応じてSSH秘密鍵を渡すことができます。

  • ポートの要件:22、80、443

  • アカウントの権限:

    • デフォルトのSVMに対するsshアプリケーションまたはontapiアプリケーションに対する読み取り専用ロール名

    • スイッチに対する読み取り専用権限を持つ管理者アカウント

設定

フィールド

説明

ネットアップ管理 IP

ネットアップクラスタの IP アドレスまたは完全修飾ドメイン名

ユーザ名

ネットアップクラスタのユーザ名

パスワード

ネットアップクラスタのパスワード

高度な設定

フィールド

説明

ONTAP に対してMFAを有効にします

これをオンにすると、ONTAP で多要素認証が有効になります

SSH秘密鍵

ONTAP でSSHキー認証またはMFAを使用している場合は、SSH秘密鍵の内容を貼り付けます

接続タイプ

HTTP (デフォルトポート 80 )または HTTPS (デフォルトポート 443 )を選択します。デフォルトは HTTPS です

ONTAP SSHポート

ONTAP 接続用のカスタムSSHポートを指定できます

スイッチのSSHポート

スイッチ接続用のカスタムSSHポートを指定できます

ポーリング間隔(分)

デフォルトは1440分または24時間です。最小60分まで設定できます

サポートされているオペレーティングシステム

Config Advisor は、次のオペレーティングシステムで実行できます。オペレーティングシステムがこのリストにないAcquisition Unitにコレクタがインストールされていると、収集が失敗します。

  • Windows 10(64ビット)

  • Windows Server 2012 R2 Server(64ビット)

  • Windows 2016 Server(64ビット)

  • Windows Server 2019(64ビット)

  • Red Hat Enterprise Linux(RHEL)7.7以降(64ビット)

  • Ubuntu 14.0以降

サポートとビデオ

次のビデオでは、データコレクタのインストール方法とダッシュボードを使用したCloud Insights でConfig Advisor を最大限に活用する方法を紹介しています。

データコレクタのインストールと設定

Config Advisor ダッシュボードの作成:

その他のサポート

Config Advisor に関連するその他の質問については、[ヘルプ]→[サポートチケットを開く]をクリックして、Config Advisor ツールからチケットを開きます。

追加情報はから入手できます "サポート" ページまたはを参照してください "Data Collector サポートマトリックス"