日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

IP ネットワーク接続を確認します

インターネットプロトコル( IP )ネットワーク接続を確認するには、 ping テストを使用してホストとアレイが通信できることを確認します。

手順
  1. ジャンボフレームが有効かどうかに応じて、ホストから次のいずれかのコマンドを実行します。

    • ジャンボフレームが有効になっていない場合は、次のコマンドを実行します。

      ping -I <hostIP\> <targetIP\>
    • ジャンボフレームが有効な場合は、ペイロードサイズに 8 、 972 バイトを指定して ping コマンドを実行します。IP と ICMP を組み合わせたヘッダーは 28 バイトで、これがペイロードに追加されて 9 、 000 バイトになります。-s スイッチは 'packet size ビットを設定しますd オプションはデバッグオプションを設定します。これらのオプションにより、 iSCSI イニシエータとターゲットの間で 9 、 000 バイトのジャンボフレームを正常に送信できます。

      ping -I <hostIP\> -s 8972 -d <targetIP\>

      この例では、 iSCSI ターゲットの IP アドレスは「 192.0.2.8 」です。

    #ping -I 192.0.2.100 -s 8972 -d 192.0.2.8
    Pinging 192.0.2.8 with 8972 bytes of data:
    Reply from 192.0.2.8: bytes=8972 time=2ms TTL=64
    Reply from 192.0.2.8: bytes=8972 time=2ms TTL=64
    Reply from 192.0.2.8: bytes=8972 time=2ms TTL=64
    Reply from 192.0.2.8: bytes=8972 time=2ms TTL=64
    Ping statistics for 192.0.2.8:
      Packets: Sent = 4, Received = 4, Lost = 0 (0% loss),
    Approximate round trip times in milli-seconds:
      Minimum = 2ms, Maximum = 2ms, Average = 2ms
  2. 各ホストのイニシエータ・アドレス( iSCSI に使用されるホスト・イーサネット・ポートの IP アドレス)から各コントローラの iSCSI ポートへの ping コマンド問題構成内の各ホストサーバから、必要に応じて IP アドレスを変更してこの操作を実行します。

    注記 コマンドが失敗した場合(たとえば、「 Packet needs to be fragmented but DF set 」が返された場合)は、ホストサーバ、ストレージコントローラ、およびスイッチポートのイーサネットインターフェイスの MTU サイズ(ジャンボフレームのサポート状況)を確認します。