日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ファイルシステムを作成します

ネームスペースまたはネイティブの NVMe デバイスにファイルシステムを作成し、ファイルシステムをマウントできます。

ファイルシステムの作成( RHEL 7 および SLES 12 )

RHEL 7 および SLES 12 の場合は、目的の DM デバイスにファイルシステムを作成し、ファイルシステムをマウントします。

手順
  1. 「 multipath -ll 」コマンドを実行して '/dev/mapper/dm' デバイスのリストを取得します

    # multipath -ll

    このコマンドの結果、「 d-19 」と「 d-16 」の 2 つのデバイスが表示されます。

    eui.00001ffe5a94ff8500a0980000af4444 dm-19 NVME,NetApp E-Series
    size=10G features='1 queue_if_no_path' hwhandler='0' wp=rw
    |-+- policy='service-time 0' prio=50 status=active
    | |- #:#:#:# nvme0n19 259:19  active ready running
    | `- #:#:#:# nvme1n19 259:115 active ready running
    `-+- policy='service-time 0' prio=10 status=enabled
      |- #:#:#:# nvme2n19 259:51  active ready running
      `- #:#:#:# nvme3n19 259:83  active ready running
    eui.00001fd25a94fef000a0980000af4444 dm-16 NVME,NetApp E-Series
    size=16G features='1 queue_if_no_path' hwhandler='0' wp=rw
    |-+- policy='service-time 0' prio=50 status=active
    | |- #:#:#:# nvme0n16 259:16  active ready running
    | `- #:#:#:# nvme1n16 259:112 active ready running
    `-+- policy='service-time 0' prio=10 status=enabled
      |- #:#:#:# nvme2n16 259:48  active ready running
      `- #:#:#:# nvme3n16 259:80  active ready running
  2. 各 /dev/mapper/eui`device のパーティションにファイルシステムを作成します。

    ファイルシステムの作成方法は、選択したファイルシステムによって異なります。この例は 'ext4 ファイル・システムを作成する方法を示しています

    # mkfs.ext4 /dev/mapper/dm-19
    mke2fs 1.42.11 (09-Jul-2014)
    Creating filesystem with 2620928 4k blocks and 655360 inodes
    Filesystem UUID: 97f987e9-47b8-47f7-b434-bf3ebbe826d0
    Superblock backups stored on blocks:
            32768, 98304, 163840, 229376, 294912, 819200, 884736, 1605632
    
    Allocating group tables: done
    Writing inode tables: done
    Creating journal (32768 blocks): done
    Writing superblocks and filesystem accounting information: done
  3. 新しいデバイスをマウントするフォルダを作成します。

    # mkdir /mnt/ext4
  4. デバイスをマウントします。

    # mount /dev/mapper/eui.00001ffe5a94ff8500a0980000af4444 /mnt/ext4

ファイルシステムの作成( RHEL 8 および SLES 15 )

RHEL 8 および SLES 15 の場合は、ネイティブの NVMe デバイスにファイルシステムを作成し、ファイルシステムをマウントします。

手順
  1. multipath -ll コマンドを実行して、 /dev/nvme デバイスの一覧を表示します。

    # multipath -ll

    このコマンドの出力では、デバイス nvme0n6 が表示されます。

    eui.000082dd5c05d39300a0980000a52225 [nvme]:nvme0n6 NVMe,NetApp E-Series,08520000
    size=4194304 features='n/a' hwhandler='ANA' wp=rw
    |-+- policy='n/a' prio=50 status=optimized
    | `- 0:0:1 nvme0c0n1 0:0 n/a optimized     live
    |-+- policy='n/a' prio=50 status=optimized
    | `- 0:1:1 nvme0c1n1 0:0 n/a optimized     live
    |-+- policy='n/a' prio=10 status=non-optimized
    | `- 0:2:1 nvme0c2n1 0:0 n/a non-optimized live
    `-+- policy='n/a' prio=10 status=non-optimized
      `- 0:3:1 nvme0c3n1 0:0 n/a non-optimized live
  2. /dev/nvme0n# デバイスごとに、パーティションにファイルシステムを作成します。

    ファイルシステムの作成方法は、選択したファイルシステムによって異なります。この例では、 ext4 ファイルシステムを作成します。

    # mkfs.ext4 /dev/disk/by-id/nvme-eui.000082dd5c05d39300a0980000a52225
    mke2fs 1.42.11 (22-Oct-2019)
    Creating filesystem with 2620928 4k blocks and 655360 inodes
    Filesystem UUID: 97f987e9-47b8-47f7-b434-bf3ebbe826d0
    Superblock backups stored on blocks:
            32768, 98304, 163840, 229376, 294912, 819200, 884736, 1605632
    
    Allocating group tables: done
    Writing inode tables: done
    Creating journal (32768 blocks): done
    Writing superblocks and filesystem accounting information: done
  3. 新しいデバイスをマウントするフォルダを作成します。

    # mkdir /mnt/ext4
  4. デバイスをマウントします。

    # mount /dev/disk/by-id/nvme-eui.000082dd5c05d39300a0980000a52225 /mnt/ext4