日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

NVMe over IB の設定を記録します

このページの PDF を生成して印刷し、次のワークシートを使用して NVMe over InfiniBand ストレージの構成情報を記録できます。この情報は、プロビジョニングタスクを実行する際に必要になります。

ホスト識別子

注記 ソフトウェアイニシエータの NQN はタスクの実行中に特定します。

各ホストのイニシエータ NQN を特定して記録します。通常、 NQN は /etc/nvme/hostnqn ファイルに記載されています。

番号 ホストポート接続 ホスト NQN

1.

ホスト(イニシエータ) 1.

該当なし

該当なし

該当なし

該当なし

推奨される構成

直接接続トポロジでは、 1 つ以上のホストをサブシステムに直接接続します。SANtricity OS 11.50 リリースでは、次の図のように、各ホストからサブシステムコントローラへの単一の接続がサポートされます。この構成では、各ホストの一方の HCA (ホストチャネルアダプタ)ポートを、接続先の E シリーズコントローラポートと同じサブネット(ただしもう一方の HCA ポートとは別のサブネット)に配置する必要があります。

nvmeof 直接接続があります

ターゲット NQN

ストレージアレイのターゲット NQN を記録します。この情報は、で使用します ストレージアレイの NVMe over InfiniBand 接続を設定します

SANtricity : * ストレージアレイ * > * NVMe over InfiniBand * > * Manage Settings * を使用して、ストレージアレイの NQN 名を検索します。この情報は、 SendTargets 検出をサポートしないオペレーティングシステムで NVMe over InfiniBand セッションを作成する際に必要となる場合があります。

番号 アレイ名 ターゲット IQN

6.

アレイコントローラ(ターゲット)

ネットワーク構成:

InfiniBand ファブリック上のホストとストレージに使用するネットワーク設定を記録します。この手順では、 2 つのサブネットを使用して完全な冗長性を実現することを前提としています

次の情報は、ネットワーク管理者から入手できます。この情報は、 ストレージアレイの NVMe over InfiniBand 接続を設定します

サブネット A

使用するサブネットを定義します。

ネットワークアドレス ネットマスク

アレイポートと各ホストポートで使用する NQN を記録します。

番号 アレイコントローラ(ターゲット)ポート接続 NQN

3.

スイッチ

_ 該当なし _

5.

コントローラ A のポート 1

4.

コントローラ B のポート 1

2.

ホスト 1 、ポート 1

(任意)ホスト 2 、ポート 1

サブネット B

使用するサブネットを定義します。

ネットワークアドレス ネットマスク

アレイポートと各ホストポートで使用する IQN を記録します。

番号 アレイコントローラ(ターゲット)ポート接続 NQN

8.

スイッチ

_ 該当なし _

10.

コントローラ A のポート 2

9.

コントローラ B 、ポート 2

7.

ホスト 1 、ポート 2

(任意)ホスト 2 、ポート 2

マッピングホスト名

注記 マッピングホスト名はワークフロー中に作成されます。

マッピングホスト名

ホスト OS タイプ