日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

DHCP を使用して IP アドレスを設定する

管理ステーションとストレージアレイ間の通信を設定するには、動的ホスト構成プロトコル( DHCP )を使用して IP アドレスを指定します。

ストレージ管理ポートと同じサブネットに DHCP サーバをインストールして設定します。

各ストレージアレイにはコントローラが 1 台(シンプレックス)または 2 台(デュプレックス)含まれ、コントローラごとにストレージ管理ポートが 2 つあります。各管理ポートには IP アドレスが割り当てられます。

以下の手順では、コントローラを 2 台搭載したストレージアレイ(デュプレックス構成)を使用します。

手順
  1. 管理ステーションと各コントローラ( A および B )の管理ポート 1 にイーサネットケーブルを接続します(まだ接続していない場合)。

    DHCP サーバは、各コントローラのポート 1 に IP アドレスを割り当てます。

    注記 どちらのコントローラの管理ポート 2 も使用しないでください。ポート 2 はネットアップのテクニカルサポート用に予約されています。
    注記 イーサネットケーブルを外して再接続するか、ストレージアレイの電源を再投入すると、 DHCP によって IP アドレスが再度割り当てられます。このプロセスは、静的 IP アドレスが設定されるまで行われます。ケーブルを外したり、アレイの電源を再投入したりしないことを推奨します。

    DHCP によって割り当てられた IP アドレスをストレージアレイが 30 秒以内に取得できない場合は、次のデフォルトの IP アドレスが設定されます。

    • コントローラ A 、ポート 1 : 169.254.128.101

    • コントローラ B 、ポート 1 : 169.254.128.102

    • サブネットマスク: 255.255.0.0

  2. 各コントローラの背面にある MAC アドレスラベルを確認し、ネットワーク管理者に各コントローラのポート 1 の MAC アドレスを伝えます。

    MAC アドレスは、ネットワーク管理者が各コントローラの IP アドレスを特定するために必要です。ブラウザからストレージシステムに接続するには、 IP アドレスが必要です。