日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

FC 固有のタスクを実行

Fibre Channel プロトコルを使用する場合は、スイッチを設定し、ホストポート識別子を特定します。

注記 EF300 および EF600 では、 VMware との互換性を確保するために、ブロックサイズを 512 バイトに設定する必要があります。ボリュームを 512 バイトに設定する方法の詳細については、 SANtricity System Manager オンラインヘルプを参照してください。

手順 1 :最初の FC スイッチ(必要な VMware )を設定します

Fibre Channel ( FC )スイッチを設定(ゾーニング)すると、ホストをストレージアレイに接続し、パスの数を制限できます。スイッチのゾーニングはスイッチの管理インターフェイスで設定します。

必要なもの
  • スイッチの管理者クレデンシャル。

  • 各ホストイニシエータポートの WWPN と、スイッチに接続されている各コントローラターゲットポートの WWPN 。( HBA ユーティリティを使用して検出してください)。

注記 ベンダーの HBA ユーティリティを使用して、 HBA に関する具体的な情報をアップグレードおよび取得することができます。HBA ユーティリティの入手方法については、ベンダーの Web サイトでサポートのセクションを参照してください。

各イニシエータポートを別々のゾーンに配置し、各イニシエータに対応するターゲットポートをすべて配置する必要があります。スイッチのゾーニングの詳細については、スイッチベンダーのマニュアルを参照してください。

手順
  1. FC スイッチの管理プログラムにログインし、ゾーニング設定のオプションを選択します。

  2. 新しいゾーンを作成し、 1 つ目のホストイニシエータポート、およびそのイニシエータと同じ FC スイッチに接続するすべてのターゲットポートを配置します。

  3. スイッチの FC ホストイニシエータごとにゾーンを作成します。

  4. ゾーンを保存し、新しいゾーニング設定をアクティブ化します。

手順 2 :ホストポートの WWPN (最初の FC )を確認します

FC ゾーニングを設定するためには、各イニシエータポートの World Wide Port Name ( WWPN )を特定する必要があります。

手順
  1. SSH または ESXi シェルを使用して ESXi ホストに接続します。

  2. 次のコマンドを実行します。

    esxcfg-scsidevs –a
  3. イニシエータ識別子を記録します。次のような出力が表示されます。

    vmhba3 lpfc link-up  fc.20000090fa05e848:10000090fa05e848 (0000:03:00.0)
    Emulex Corporation Emulex LPe16000 16Gb PCIe Fibre Channel Adapter
    vmhba4 lpfc link-up  fc.20000090fa05e849:10000090fa05e849 (0000:03:00.1)
    Emulex Corporation Emulex LPe16000 16Gb PCIe Fibre Channel Adapter

手順 3 :設定を記録します

このページの PDF を生成して印刷し、次のワークシートを使用して FC ストレージの構成情報を記録できます。この情報は、プロビジョニングタスクを実行する際に必要になります。

次の図では、 2 つのゾーンでホストが E シリーズストレージアレイに接続されています。一方のゾーンは青い線で示され、もう一方のゾーンは赤い線で示されます。各ゾーンには、 1 つのイニシエータポートとすべてのターゲットポートが含まれます。

ポート識別子 host および target conf vmw

ホスト識別子

番号 ホスト(イニシエータ)ポート接続 WWPN

1.

ホスト

_ 該当なし _

2.

ホストポート 0 から FC スイッチゾーン 0

7.

ホストポート 1 から FC スイッチゾーン 1

ターゲット識別子

番号 アレイコントローラ(ターゲット)ポート接続 WWPN

3.

スイッチ

_ 該当なし _

6.

アレイコントローラ(ターゲット)

_ 該当なし _

5.

コントローラ A のポート 1 から FC スイッチ 1

9.

コントローラ A のポート 2 から FC スイッチ 2

4.

コントローラ B のポート 1 から FC スイッチ 1

8.

コントローラ B のポート 2 から FC スイッチ 2

マッピングホスト

マッピングホスト名

ホスト OS タイプ