日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

前提条件

Windows のクイック方式は、次の前提に基づいています。

コンポーネント 前提条件

ハードウェア

  • コントローラシェルフに付属の設置とセットアップの手順書に従ってハードウェアを設置済みである。

  • オプションのドライブシェルフとコントローラをケーブルで接続済みである。

  • ストレージシステムに電源を投入済みである。

  • 他のすべてのハードウェア(管理ステーション、スイッチなど)を設置し、必要な接続を確立済みである。

ホスト

  • ストレージシステムとデータホストの間に接続を確立済みである。

  • ホストオペレーティングシステムをインストール済みである。

  • Windows を仮想ゲストとして使用しない。

  • データ( I/O 接続)ホストを SAN からブートするように設定しない。

ストレージ管理ステーション

  • 1Gbps 以上の速度の管理ネットワークを使用している。

  • 管理用にデータ( I/O 接続)ホストではなく別のステーションを使用している。

  • アウトオブバンド管理を使用して、コントローラとのイーサネット接続を介してストレージ管理ステーションからストレージシステムにコマンドを送信している。

  • 管理ステーションをストレージ管理ポートと同じサブネットに接続済みである。

IP アドレス

  • DHCP サーバのインストールと設定が完了している。

  • 管理ステーションとストレージシステムの間にイーサネット接続をまだ確立していない * 。

ストレージのプロビジョニング

  • 共有ボリュームは使用しません。

  • ボリュームグループではなくプールを作成する。

プロトコル: FC

  • ホスト側の FC 接続をすべて確立し、スイッチのゾーニングをアクティブ化済みである。

  • ネットアップがサポートする FC HBA およびスイッチを使用している。

  • に掲載されているバージョンの FC HBA ドライバおよびファームウェアを使用している "NetApp Interoperability Matrix Tool で確認できます"

プロトコル: iSCSI

  • iSCSI トラフィックを転送できるイーサネットスイッチを使用している。

  • iSCSI に関するベンダーの推奨事項に従ってイーサネットスイッチを設定済みである。

プロトコル: SAS