日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ホストでストレージアクセスを確認

ボリュームを使用する前に、ホストが LUN に対してデータの読み取りと書き込みを実行できることを確認します。

LUN を初期化し、ファイルシステムでフォーマットしておく必要があります。

手順
  1. 新しい LUN にファイルを作成して書き込みます。

    > echo test file > f:\\test.txt
  2. ファイルを読み取り、データが書き込まれたことを確認します。

    > type f:\\test.txt
  3. マルチパスが機能していることを確認するために、ボリューム所有権を変更します。

    1. SANtricity システム・マネージャの GUI から、 * ストレージ * > * ボリューム * に移動し、 * その他 * > * 所有権の変更 * を選択します。

    2. [ ボリューム所有権の変更 ] ダイアログ・ボックスで '[* 優先所有者 *] プルダウンを使用して ' リスト内のいずれかのボリュームの他のコントローラを選択し ' 操作を確定します

    3. 引き続き LUN のファイルにアクセスできることを確認します。

      > dir f:\\
  4. ターゲット ID を検索します。

    注記 dsmUtil ユーティリティでは大文字と小文字が区別されます。
    > C:\\Program Files \(x86\)\\DSMDrivers\\mppdsm\\dsmUtil.exe -a
  5. LUN へのパスを表示し、パスの数が想定どおりであることを確認します。コマンドの「 <target ID>` 」部分で、前の手順で見つかったターゲット ID を使用します。

    > C:\\Program Files \(x86\)\\DSMDrivers\\mppdsm\\dsmUtil.exe –g <target ID\>