日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ケーブル接続の概要

ホストはコントローラに直接ケーブル接続することも、スイッチを使用してコントローラに接続することもできます。

ストレージシステムにドライブシェルフが含まれている場合は、それらをコントローラシェルフにケーブル接続する必要があります。ストレージシステムの他のコンポーネントに電源が投入されている状態で、新しいドライブシェルフを追加できます。また、アウトオブバンド管理のためにストレージシステムをネットワークに接続することもできます。

ケーブル接続情報は、ストレージシステムを設置または拡張するハードウェア設置担当者またはシステム管理者を対象としています。また、使用するハードウェアの設置とセットアップの手順書の説明に従ってストレージシステムが設置されていることを前提としています。

対象となるハードウェアモデル

ケーブル接続情報環境次のハードウェアモデル

* コントローラシェルフ * * ドライブシェルフ *

EF600

該当なし。

E5724 、 EF570 、 E2812 、 E2824 、 EF280

DE212C 、 DE224C

E2860 、 E5760

DE460C

ケーブル接続に関するその他の情報

次の構成でケーブル接続する場合は、を参照してください "IOM ドライブシェルフを既存の E27XX 、 E56XX 、または EF560 コントローラシェルフに追加"

* コントローラシェルフ * * ドライブシェルフ *

E2712 、 E2724 、 E5612 、 E5624 、 EF560

DE212C 、 DE224C

E2760 、 E5660

DE460C

その他のケーブル接続オプションについては、を参照してください "『 E-Series Hardware Cabling Guide 』を参照してください" 古いシステムの場合。

ミラーリング機能をサポートするためのケーブル接続については、を参照してください "同期および非同期ミラーリング機能の説明と導入ガイド"