日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ケーブルを接続します

電源ケーブルを接続してドライブシェルフの電源をオンにする方法について説明します。

作業を開始する前に
  • ハードウェアを設置

  • 静電気防止処置を施します。

この 手順 環境 IOM12 および IOM12B ドライブシェルフを使用します。

注記 この手順 は、シェルフの IOM のホットスワップや交換に使用されます。つまり、 IOM12 モジュールを別の IOM12 モジュールに交換するか、 IOM12B モジュールを別の IOM12B モジュールに交換しなければなりません。(シェルフに IOM12 モジュールを 2 台搭載することも、 IOM12B モジュールを 2 つ使用することもできます)
手順
  1. シェルフをケーブル接続

    構成に応じてシステムをケーブル接続します。この例よりも多くのケーブル接続オプションが必要な場合は、を参照してください "ケーブル配線"

    この例では、次のケーブルが必要です。

    • SAS ケーブル *

    1. コントローラ A を最初のドライブシェルフの IOM A にケーブル接続します。

    2. 最初のドライブシェルフの IOM A を 2 番目のドライブシェルフの IOM A にケーブル接続します。

    3. 2 番目のドライブシェルフの IOM A を 3 番目のドライブシェルフの IOM A にケーブル接続します。

    4. コントローラ B を 3 台目のドライブシェルフの IOM B にケーブル接続します。

    5. 2 番目のドライブシェルフの IOM B を 3 番目のドライブシェルフの IOM B にケーブル接続します。

    6. 最初のドライブシェルフの IOM B を 2 番目のドライブシェルフの IOM B にケーブル接続します。

    7. コントローラ A を IOM A にケーブル接続します

    8. コントローラ B を IOM B にケーブル接続します

  2. ドライブシェルフの電源を投入します。

    次のケーブルが必要です。

    • 電源ケーブル *

    注意 ドライブシェルフの電源スイッチがオフになっていることを確認する。
    1. 各シェルフの 2 本の電源ケーブルを、キャビネットまたはラック内の別々の配電ユニット( PDU )に接続します。

    2. ドライブシェルフがある場合は、最初に 2 つの電源スイッチをオンにします。2 分待ってからコントローラシェルフの電源をオンにします。

    3. コントローラシェルフの 2 つの電源スイッチをオンにします。

    4. 各コントローラの LED とデジタル表示ディスプレイを確認します。

      ブート時に、デジタル表示ディスプレイの OS 、 SD 、消灯の順に切り替わり、コントローラで一日の最初の処理が実行されていることが示されます。コントローラがブートすると、シェルフ ID が表示されます。

    • 例:電源接続はシェルフ背面にあります。 *