日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

E2800 キャニスターの交換に際しての要件

E2800 アレイのキャニスターを交換する前に、キャニスターのタイプと要件を確認してください。

キャニスタータイプには、電源装置、電源キャニスター、ファンキャニスターがあります。

電源装置

注記 電源装置の交換用手順 は IOM の交換に適用されます。IOM を交換するには、電源装置交換用手順 を実行します。

12 ドライブまたは 24 ドライブのコントローラシェルフまたはドライブシェルフには、ファン一体型の電源装置が 2 台ずつ搭載されています。これらは、 SANtricity System Manager では _ 電源 / ファンキャニスターと呼ばれます。電源 / ファンキャニスターで障害が発生した場合は、シェルフの電源の冗長性を維持し、冷却が適切に行われるように、できるだけ早く交換する必要があります。

電源装置のシェルフタイプ

次のシェルフに搭載された電源装置を交換することができます。

  • E2812 コントローラシェルフ

  • E2824 コントローラシェルフ

  • EF280 フラッシュアレイ

  • DE212C ドライブシェルフ

  • DE224C ドライブシェルフ

次の図は、電源装置(電源 / ファンキャニスター)を 2 台搭載した E2812 コントローラシェルフ、 E2824 コントローラシェルフ、または EF280 フラッシュアレイの例を示したものです。DE212C および DE224C のドライブシェルフも同様ですが、コントローラキャニスターの代わりに I/O モジュール( IOM )が搭載されています。

28 DWG e2812 電源ファンキャニスター
  • ( 1 ) * _ コントローラキャニスターの下に電源装置(電源 / ファンキャニスター)を 2 台搭載したコントローラシェルフ _

電源装置を交換するための手順では、 E5700 または E2800 コントローラシェルフに接続された DE1600 または DE5600 ドライブトレイの電源 / ファンキャニスターで障害が発生した場合の交換方法については説明していません。これらのドライブトレイモデルの手順については、を参照してください "DE1600 のドライブトレイまたは DE5600 ドライブトレイの電源 / ファンキャニスターを交換します"

電源装置の交換に際しての要件

電源装置を交換するときは、次の要件に注意してください。

  • コントローラシェルフまたはドライブシェルフのモデルに対応した交換用電源装置(電源 / ファンキャニスター)を用意しておく必要があります。

  • ESD リストバンドを装着するか、静電気防止処置を施しておきます。

  • 電源装置(電源 / ファンキャニスター)は、次の条件を満たしていれば、ストレージアレイの電源をオンにした状態でホスト I/O 処理を継続したまま交換できます。

    • シェルフのもう一方の電源装置(電源 / ファンキャニスター)のステータスが「最適」である。

    • SANtricity System Manager の Recovery Guru の詳細領域の「 * 削除してもよろしいですか?」というメッセージが表示され、このコンポーネントを削除しても安全であることを示します。

      注記 シェルフのもう一方の電源装置(電源 / ファンキャニスター)のステータスが「最適」でない場合や、 Recovery Guru で電源 / ファンキャニスターを取り外すことができないことが示された場合は、テクニカルサポートにお問い合わせください。

電源キャニスター

60 ドライブのコントローラシェルフまたはドライブシェルフには、冗長性を確保するために電源キャニスターが 2 つずつ搭載されています。

電源キャニスターのシェルフタイプ

次のシェルフに搭載された電源キャニスターを交換することができます。

  • E2860 コントローラシェルフ

  • DE460C ドライブシェルフ

電源キャニスターを交換する手順では、コントローラシェルフに接続された DE6600 ドライブトレイの電源キャニスターで障害が発生した場合の交換方法については説明していません。

次の図は、電源キャニスターを 2 台搭載した DE460C ドライブシェルフの背面を示したものです。

28 dwg de460c rear no callouts maint e2800

電源キャニスターを次の図に示します。

28 dwg e2860 de460c PSU maint e2800

電源キャニスターの交換に際しての要件

電源キャニスターを交換するときは、次の要件に注意してください。

  • コントローラシェルフまたはドライブシェルフのモデルに対応した交換用電源キャニスターを用意しておきます。

  • 一方の電源キャニスターが取り付けられて稼働していることを確認します。

  • ESD リストバンドを装着するか、静電気防止処置を施しておきます。

  • 電源キャニスターは、次の条件を満たしていれば、ストレージアレイの電源をオンにした状態でホスト I/O 処理を継続したまま交換できます。

    • シェルフのもう一方の電源キャニスターのステータスが「最適」である。

      注記 手順の実行中は、機器の過熱を防ぐために、もう一方の電源キャニスターから両方のファンに電力が供給されます。
    • SANtricity System Manager の Recovery Guru の詳細領域の「 * 削除してもよろしいですか?」というメッセージが表示され、このコンポーネントを削除しても安全であることを示します。

      注記 シェルフのもう一方の電源キャニスターのステータスが「最適」でない場合や、 Recovery Guru に電源キャニスターを取り外すのが適切でないことが示された場合は、テクニカルサポートにお問い合わせください。

ファンキャニスター

60 ドライブのコントローラシェルフまたはドライブシェルフには、ファンキャニスターが 2 つずつ搭載されています。

ファンキャニスターのシェルフタイプ

次のシェルフに搭載されたファンキャニスターを交換することができます。

  • E2860 コントローラシェルフ

  • DE460C ドライブシェルフ

ファンキャニスターを交換する手順では、コントローラシェルフに接続された DE6600 ドライブトレイのファンキャニスターで障害が発生した場合の交換方法については説明していません。

ファンキャニスターを次の図に示します。

28 dwg e2860 de460c single fan キャニスタ no callouts maint e2800

次の図は、ファンキャニスターを 2 台搭載した DE460C シェルフの背面を示したものです。

28 dwg de460c rear no callouts maint e2800
注意 * 機器の破損の可能手順性 * - 電源をオンにした状態でファンキャニスターを交換する場合は、機器の過熱を防ぐために 30 分以内に完了する必要があります。

ファンキャニスターの交換に際しての要件

ファンキャニスターを交換するときは、次の要件に注意してください。

  • コントローラシェルフまたはドライブシェルフのモデルに対応した交換用ファンキャニスター(ファン)を用意しておきます。

  • 一方のファンキャニスターが取り付けられて稼働していることを確認します。

  • ESD リストバンドを装着するか、静電気防止処置を施しておきます。

  • この手順を電源をオンにした状態で実行する場合は、機器の過熱を防ぐために 30 分以内に完了する必要があります。

  • ファンキャニスターは、次の条件を満たしていれば、ストレージアレイの電源をオンにした状態でホスト I/O 処理を継続したまま交換できます。

    • シェルフのもう一方のファンキャニスターのステータスが「最適」である。

    • SANtricity System Manager の Recovery Guru の詳細領域の「 * 削除してもよろしいですか?」というメッセージが表示され、このコンポーネントを削除しても安全であることを示します。

      注記 シェルフのもう一方のファンキャニスターのステータスが「最適」でない場合や、 Recovery Guru にファンキャニスターを取り外すことができないことが示された場合は、テクニカルサポートにお問い合わせください。