日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

E5700 ホストポートプロトコルの変更に関する要件

E5700 でホストポートプロトコルを変更する前に、の要件を確認してください。

次の図は、 E5700 の SFP+ (光)ベースボードホストポート * ( 1 ) * とオプションの 2 つの IB HIC ポート * ( 2 ) * を示しています。

e5700 :ポート 100g EDR InfiniBand HIC w コールアウト 2 個付き

要件

  • この手順のダウンタイムメンテナンス時間をスケジュールする必要があります。

  • 変更の実行時はホスト I/O 処理を停止する必要があり、変更が完了するまではストレージアレイのデータにアクセスできません。

  • アウトオブバンド管理を使用する必要があります。(インバンド管理を使用してこの手順を完了することはできません)。

  • 変換に必要なハードウェアを入手しておきます。必要なハードウェアやパーツについて確認が必要な場合は、ネットアップの営業担当者にお問い合わせください。

  • ストレージアレイのベースボードホストポートを変更する際、現在ネットアップから購入したデュアルプロトコル( _unified-connect ) SFP トランシーバを使用している場合は、 SFP トランシーバを変更する必要はありません。

  • デュアルプロトコル SFP トランシーバが FC ( 4Gbps または 16Gbps )と iSCSI ( 10Gbps )の両方をサポートしていることを確認しますが、 1Gbps の iSCSI はサポートしていないことを確認します。を参照してください "手順 1 :デュアルプロトコル SFP があるかどうかを確認します" 取り付けられている SFP トランシーバのタイプを確認するには、次の手順を実行します

ホストプロトコルの変更に関する考慮事項

ホストプロトコルを変更する際の考慮事項は、ベースボードホストポートおよび HIC ポートの変更前と変更後のプロトコルによって異なります。

ミラーリング機能や Data Assurance ( DA )機能を使用している場合は、ホストポートプロトコルの変更によってそれらの機能にどのような影響があるかを理解しておく必要があります。

注記 次の考慮事項は、すでに使用中のストレージアレイを変換する場合にのみ適用されます。ホストやボリュームがまだ定義されていない新しいストレージアレイを変更する場合は適用されません。

FC から iSCSI への変換

  • 非同期ミラーリングを使用する場合は、ローカルストレージアレイとリモートストレージアレイの両方で同じプロトコルを使用する必要があります。

    • 非同期ミラーリングをベースボード経由で現在使用している場合は、機能パックを適用する前に、それらのポートを使用した非同期ミラーリング関係を非アクティブ化する必要があります。

    • SANtricity System Manager のオンラインヘルプを参照して、すべてのミラー整合性グループを削除し、ローカルとリモートのストレージアレイからすべてのミラーペアを削除します。また、オンラインヘルプの手順に従って、非同期ミラーリングを非アクティブ化します。

      注記 FC ベースボードポートに接続された SAN ブートホストがある場合は、を参照してください "NetApp Interoperability Matrix を参照してください" 構成が iSCSI でサポートされていることを確認するツール。サポートされない場合は、ホストプロトコルを iSCSI に変換できません。
  • 同期ミラーリング機能は iSCSI ではサポートされません。

    • 同期ミラーリング関係をベースボードポート経由で現在使用している場合は、それらの同期ミラーリング関係を非アクティブ化する必要があります。

    • SANtricity System Manager のオンラインヘルプを参照して、すべての同期ミラーペアを削除します。これにより、ローカルストレージアレイとリモートストレージアレイのミラー関係が削除されます。また、オンラインヘルプの手順に従って、同期ミラーリングを非アクティブ化します。

      注意 iSCSI への変換前に同期ミラーリング関係を非アクティブ化しておかないと、システムからデータにアクセスできなくなり、データが失われる可能性があります。

iSCSI から FC への変換

  • 非同期ミラーリングを使用する場合は、ローカルストレージアレイとリモートストレージアレイの両方で同じプロトコルを使用する必要があります。非同期ミラーリングをベースボードポート経由で現在使用している場合は、プロトコルを変更する前に、非同期ミラーリングを非アクティブ化する必要があります。

  • SANtricity System Manager のオンラインヘルプを参照して、すべてのミラー整合性グループを削除し、ローカルとリモートのストレージアレイからすべてのミラーペアを削除します。また、オンラインヘルプの手順に従って、非同期ミラーリングを非アクティブ化します。

IB-iSER と IB-SRP の間の変更

  • iSER と SRP の間でプロトコルを変更するときは、ハードウェアの変更は必要ありません。

  • Data Assurance ( DA )機能は SRP ではサポートされません。

  • DA 機能は IB-SRP ではサポートされません。この機能を IB-HIC 経由で現在使用しており、それらのポートを iSER から SRP に変更する場合は、 DA をすべてのボリュームで永続的に無効にする必要があります。SANtricity System Manager のオンラインヘルプを参照して、ボリュームの設定を変更し、 Data Assurance の設定を永続的に無効にします。

    注記 DA を無効にした場合、同じボリュームで再度有効にすることはできません。
  • 次の点を確認

    • SANtricity System Manager に Web ブラウザからアクセスできる。

    • SANtricity OS (コントローラファームウェア)バージョン 08.40.11.00 以降がストレージシステムで実行されている。

ミラーリング処理には同じホストプロトコルが必要です

ミラーリングに使用されるホストポートのプロトコルが機能パックの適用後に同じであれば、ミラーリング処理には影響はありません。それでも、機能パックを適用する前に、すべてのミラー整合性グループが同期されていることを確認してください。機能パックを適用したら、ローカルストレージアレイとリモートストレージアレイの間の通信をテストします。方法については、 SANtricity System Manager のオンラインヘルプを参照してください。

注記 非同期ミラーリングと同期ミラーリングは、 NVMe over Fabrics ではサポートされません。非同期ミラーリングと同期ミラーリングを無効にするには、コマンドラインインターフェイスから「不可能な storageArray feature=asyncMirror' 」コマンドまたは「不可能な storageArray feature=syncMirror 」コマンドを使用します。を参照してください "ストレージアレイの機能を無効にします" ミラーリングを無効にする方法の詳細については、 CLI コマンドリファレンスオンラインヘルプのミラーリングコマンドを参照してください。