日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

EF300 または EF600 ホストプロトコル変更の要件

EF300 または EF600 アレイのホストプロトコルを変更する前に、次の要件を確認してください。

  • この手順でダウンタイムのメンテナンス時間をスケジュールしておきます。

  • 変更を実行するときは、ホスト I/O 処理を停止する必要があります。変更が完了するまではストレージアレイのデータにアクセスできません。

  • アウトオブバンド管理を使用します。(インバンド管理を使用してこの手順を完了することはできません)。

  • 変換に必要なハードウェアを入手しておきます。これには、新しい HIC や SFP のセットが含まれている場合があります。必要なハードウェアやパーツについて確認が必要な場合は、ネットアップの営業担当者にお問い合わせください。

  • デュアルプロトコル SFP トランシーバは、 16Gb と 8Gb の FC に加え、 10Gb iSCSI をサポートしています。そのため、デュアルプロトコルを使用していて、 FC と iSCSI のどちらか一方を切り替えている場合は、 SFP の変更が必要ないことがあります。

  • ホストポートプロトコルの変換によっては、ホストインターフェイスカードの追加やアップグレードが必要になる場合があります。