日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

コントローラを取り外します

アップグレードの準備が完了したら、コントローラを取り外し、必要に応じてバッテリを取り外します。

手順 1 :コントローラを取り外す

新しいコントローラキャニスターにアップグレードできるように、コントローラキャニスターを取り外します。すべてのケーブルを外し、 SFP トランシーバを取り外す必要があります。その後、コントローラキャニスターをスライドしてコントローラシェルフから外すことができます。

必要なもの
  • ESD リストバンドを装着するか、静電気防止処置を施します。

  • コントローラキャニスターに接続する各ケーブルを識別するためのラベル。

コントローラドライブトレイの各コントローラについて、次の手順を実行します

デュプレックスのコントローラドライブトレイのコントローラをアップグレードする場合は、同じ手順を繰り返して 2 台目のコントローラキャニスターを取り外します。

手順
  1. ESD リストバンドを装着するか、静電気防止処置を施します。

  2. 古いコントローラキャニスターに接続された各ケーブルにラベルを付けます。HIC の構成によっては、コントローラキャニスターの交換後に一部のケーブルを再接続できる場合があります。

  3. 古いコントローラキャニスターからすべてのインターフェイスケーブルとイーサネットケーブルを外します。

    光ファイバケーブルがある場合は、 2 つのリリースレバーを使ってコントローラキャニスターを途中まで取り外した状態にできます。これらのリリースレバーを開くと、光ファイバケーブルのリリースタブを押し下げやすくなります。

    注意 パフォーマンスの低下を防ぐために、ケーブルをねじったり、折り曲げたり、はさんだり、踏みつけたりしないでください。
  4. 古いコントローラキャニスターに Fibre Channel HIC または InfiniBand HIC が搭載されている場合は、 Small Form-factor Pluggable ( SFP+ )トランシーバ( Fibre Channel )または Quad SFP ( QSFP+ )トランシーバ( InfiniBand )を HIC から取り外し、再利用する場合のために保管しておきます。

  5. コントローラ A を取り外します

    1. リリースハンドルのロックを解除して外側に回転させ、コントローラキャニスターを外します。

    2. リリースハンドルを両手でつかみ、コントローラキャニスターをコントローラドライブトレイから引き出します

      次の図は、コントローラモデルのリリースハンドルの一般的な場所の例です。リリースハンドルは、コントローラシェルフとコントローラドライブトレイで似た構成になっています。

      • ( 1 ) * _ コントローラキャニスター _

      • ( 2 ) * _CAM ハンドル _

  6. コントローラドライブトレイの近くの静電気防止処置を施した平らな場所に、古いコントローラキャニスターをリリースレバーを上にして置きます。コントローラキャニスターの上部カバーを外せる状態にしておきます。

  7. (オプション)デュプレックスのコントローラドライブトレイのコントローラをアップグレードする場合は、同じ手順を繰り返して 2 台目のコントローラキャニスターを取り外します。

古いコントローラのバッテリを新しいコントローラで使用する場合は、セクションの次の部分に進みます。それ以外の場合は、に進みます "新しいコントローラを設置"

手順 2 :バッテリを取り外す

バッテリを取り外します。これは、古いコントローラキャニスターのバッテリを新しいコントローラキャニスターで使用する場合にのみ行います。

手順
  1. 古いコントローラキャニスターの上部カバーの両方のラッチボタンを押し下げながら、上部カバーをキャニスターの背面方向にスライドします。

  2. コントローラドライブトレイのモデルに応じて、次のいずれかの方法で古いバッテリを取り外します。

    • E2600 または E2700 コントローラドライブトレイの場合は、バッテリをコントローラキャニスターに固定している取り付けネジを外します。

    • E5400 、 EF540 、 E5500 、 EF550 、 E5600 の場合は、 または EF600 コントローラドライブトレイから、バッテリをコントローラキャニスターに固定しているタブを外します。

  3. バッテリを古いコントローラキャニスターの背面方向にスライドして取り外します。