日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ボリュームの冗長性をチェックします

寄稿者

テクニカルサポートから指示があった場合やRecovery Guruに記載されている場合は、プールまたはボリュームグループ内のボリュームの冗長性をチェックし、そのボリュームのデータに整合性があるかどうかを確認できます。

冗長性データは、プールまたはボリュームグループ内のいずれかのドライブで障害が発生した場合に、交換用ドライブに迅速に情報を再構築するために使用されます。

作業を開始する前に
  • プールまたはボリュームグループのステータスが最適である必要があります。

  • プールまたはボリュームグループで実行中の変更処理がないことを確認する必要があります。

  • RAID 0にはデータの冗長性がないため、RAID 0以外のすべてのRAIDレベルで冗長性をチェックできます。(プールはRAID 6としてのみ構成されます)。

注記 ボリュームの冗長性チェックは、Recovery Guruに記載されている場合にかぎり、テクニカルサポートの指示に従って実行してください。

このチェックは、一度に1つのプールまたはボリュームグループでのみ実行できます。ボリュームの冗長性チェックでは、次の処理が実行されます。

  • RAID 3ボリューム、RAID 5ボリューム、またはRAID 6ボリューム内のデータブロックがスキャンされ、各ブロックの冗長性情報がチェックされます。(RAID 3をボリュームグループに割り当てるには、コマンドラインインターフェイスを使用する必要があります)。

  • RAID 1のミラーリングされたドライブ上のデータブロックが比較されます。

  • コントローラファームウェアがデータに整合性がないと判断した場合は、冗長性エラーが返されます。

注記 同じプールまたはボリュームグループですぐに冗長性チェックを実行すると、原因 でエラーが発生する場合があります。この問題を回避するには、同じプールまたはボリュームグループで別の冗長性チェックを実行する前に、1~2分待ってください。
手順
  1. 管理ページで、プールまたはボリュームグループを含むストレージアレイを選択します。

  2. メニューを選択します。Provisioning(プロビジョニング)[Configure Pools and Volume Groups](プールとボリュームグループの構成)。

  3. メニューから[一般的でないタスク]を選択します。[ボリュームの冗長性をチェック]。

    [Check Redundancy]ダイアログボックスが表示されます。

  4. チェックするボリュームを選択し、checkと入力して、この処理を実行することを確定します。

  5. [*チェック(Check)]をクリックする。

    ボリュームの冗長性チェック処理が開始されます。プールまたはボリュームグループ内のボリュームが、ダイアログボックスの表の一番上から順番にスキャンされます。各ボリュームがスキャンされるたびに、次の操作が実行されます。

    • ボリュームテーブルでボリュームが選択されます。

    • 冗長性チェックのステータスがStatus列に表示されます。

    • メディアエラーまたはパリティエラーが発生するとチェックが停止され、エラーが報告されます。次の表に、冗長性チェックのステータスの詳細を示します。

    例 1. フィールドの詳細
    ステータス 説明

    保留中です

    これはスキャン対象の最初のボリュームです。冗長性チェックを開始するには、Start(開始)をクリックしていません。-or -プールまたはボリュームグループ内の他のボリュームで冗長性チェック処理が実行されています。

    チェック中です

    ボリュームは冗長性チェック中です。

    合格

    ボリュームは冗長性チェックにパスしました。冗長性情報に不整合は見つかりませんでした。

    失敗しました

    ボリュームは冗長性チェックに失敗しました。冗長性情報に不整合が見つかりました。

    メディアエラー

    ドライブメディアが故障しており、読み取り不能です。Recovery Guruに表示される手順に従います。

    パリティエラー

    データの一部でパリティが想定される値ではありません。パリティエラーは深刻な問題を招く可能性があり、原因 によってデータが永久に失われる可能性があります。

  6. プールまたはボリュームグループ内の最後のボリュームをチェックした後、「* Done *」をクリックします。