日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

シェルフ損失およびドロワー損失の保護を維持するにはどうすればよいですか?

寄稿者

プールまたはボリュームグループのシェルフ損失およびドロワー損失の保護を維持するには、次の表の基準を使用します。

レベル シェルフ/ドロワー損失の保護の基準 必要なシェルフ/ドロワーの最小数

プール

シェルフの場合、プールに同じシェルフのドライブが3本以上含まれない。ドロワーの場合、プールに各ドロワーから同数のドライブが含まれている。

ドロワー用のシェルフ5の場合は6

RAID 6

ボリュームグループに同じシェルフまたはドロワーのドライブが3本以上含まれない。

3.

RAID 3またはRAID 5

ボリュームグループ内のドライブがすべて別々のシェルフまたはドロワーに配置されている。

3.

RAID 1

ミラーペア内のドライブがそれぞれ別のシェルフまたはドロワーに配置されている。

2.

RAID 0

シェルフ/ドロワー損失の保護は実現できない。

該当なし

注記 プールまたはボリュームグループですでにドライブに障害が発生している場合は、シェルフ/ドロワー損失の保護は維持されません。この状況で、ドライブシェルフまたはドロワーへのアクセス、さらにその結果プールまたはボリュームグループ内の別のドライブへのアクセスを失うと、データが失われます。