日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

選択したワークロードはボリュームの作成にどのように影響しますか?

寄稿者

ボリュームの作成中に、ワークロードの使用状況に関する情報を入力するように求められます。この情報に基づいて最適なボリューム構成が作成されるため、必要に応じて編集することができます。必要に応じて、ボリューム作成のこの手順をスキップできます。

ワークロードは、アプリケーションをサポートするストレージオブジェクトです。アプリケーションごとに1つ以上のワークロードまたはインスタンスを定義できます。一部のアプリケーションでは、特性が似たボリュームで構成されるようにワークロードが設定されます。これらのボリューム特性は、ワークロードがサポートするアプリケーションのタイプに基づいて最適化されます。たとえば、Microsoft SQL Serverアプリケーションをサポートするワークロードを作成し、そのワークロード用のボリュームを作成すると、Microsoft SQL Serverをサポートするようにボリューム特性が最適化されます。

  • アプリケーション固有--アプリケーション固有のワークロードを使用してボリュームを作成する場合、アプリケーションワークロードのI/Oとアプリケーションインスタンスからの他のトラフィックの競合を最小限に抑えるために最適化されたボリューム構成が推奨される場合があります。I/Oタイプ、セグメントサイズ、コントローラ所有権、読み取り/書き込みキャッシュなどのボリューム特性が自動的に推奨され、次のアプリケーションタイプ用に作成されるワークロードに合わせて最適化されます。

    • Microsoft SQL Server の場合

    • Microsoft Exchange Server の略

    • ビデオ監視アプリケーション

    • VMware ESXi(ボリュームをVirtual Machine File Systemで使用する場合)

      ボリュームの追加/編集ダイアログボックスを使用して、推奨されるボリューム構成を確認し、システムで推奨されるボリュームや特性を編集、追加、削除できます。

  • その他(または特定のボリューム作成サポートのないアプリケーション)- 特定のアプリケーションに関連付けられていないワークロードを作成する場合や、ストレージアレイで使用する予定のアプリケーションに対する最適化が組み込まれていない場合は、その他のワークロードではボリューム構成を手動で指定する必要があります。ボリュームの追加/編集ダイアログボックスを使用して、ボリューム構成を手動で指定する必要があります。