日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ホストブロックサイズの要件について、どのような点に注意する必要がありますか?

寄稿者

EF300システムとEF600システムの場合は、ボリュームを設定して512バイトまたは4KiBのブロックサイズ(「セクターサイズ」とも呼ばれる)をサポートすることができます。ボリュームの作成時に正しい値を設定する必要があります。可能であれば、適切なデフォルト値が推奨されます。

ボリュームのブロックサイズを設定する前に、次の制限事項とガイドラインを確認してください。

  • 一部のオペレーティングシステムと仮想マシン(現時点ではVMwareなど)は512バイトのブロックサイズを必要とし、4KiBをサポートしないため、ボリュームを作成する前にホストの要件を確認してください。通常、最適なパフォーマンスを得るには、ボリュームを4KiBのブロックサイズに設定します。ただし、ホストで4KiB(または「4Kn」)のブロックを使用できることを確認します。

  • プールまたはボリュームグループ用に選択したドライブのタイプによって、サポートされるボリュームブロックサイズも次のように決まります。

    • 512バイトブロックに書き込むドライブを使用してボリュームグループを作成する場合、作成できるのは512バイトブロックのボリュームのみです。

    • 4KiBブロックに書き込むドライブを使用してボリュームグループを作成する場合は、512バイトまたは4KiBブロックでボリュームを作成します。

  • アレイにiSCSIホストインターフェイスカードが搭載されている場合、すべてのボリュームは(ボリュームグループのブロックサイズに関係なく)512バイトブロックに制限されます。これは、特定のハードウェアの実装が原因です。

  • 一度設定したブロックサイズは変更できません。ブロックサイズを変更する必要がある場合は、ボリュームを削除して再作成する必要があります。