日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Web サービスプロキシを使用して AutoSupport を管理します

AutoSupport ( ASUP )を設定すると、データを収集し、収集したデータをリモートでのトラブルシューティングや問題分析用にテクニカルサポートに自動的に送信することができます。

AutoSupport ( ASUP )の概要

AutoSupport ( ASUP )は、手動およびスケジュールベースの基準に基づいてネットアップにメッセージを自動的に送信します。

各 AutoSupport メッセージは、ログファイル、設定データ、状態データ、およびパフォーマンス指標の集まりです。デフォルトでは、 AutoSupport は週に 1 回、次の表に記載されたファイルをネットアップサポートチームに送信します。

ファイル名( File Name ) 説明

x-headers-data.txt

X ヘッダー情報を含む .txt ファイル。

Manifest.xml

メッセージの内容を詳しく説明した .xml ファイル。

arraydata.xml

クライアントの永続データのリストを含む .xml ファイル。

appserver-config.txt

アプリケーションサーバの設定データを含む .txt ファイル。

wsconfig.txt

Web サービスの設定データを含む .txt ファイル。

host-info.txt

ホスト環境に関する情報を含む .txt ファイル。

サーバログ .7z

使用可能なすべての Web サーバログファイルを含む .7z ファイル。

client-info.txt

メソッドや Web ページのヒット数など、アプリケーション固有のカウンタの任意のキーと値のペアを含む .txt ファイル。

WebServices - profile.json

これらのファイルには、 Web Services のプロファイルデータと Jersey の監視統計データが含まれています。デフォルトでは、 Jersey の監視統計は有効になっています。wsconfig.xml ファイルで、次のように有効または無効にできます。

  • イネーブル:「 <env key="enable.jerse.statistics">true</env>`

  • 無効:「 <env key="enable.jerse.statistics">false</env>` 」

AutoSupport を設定します

AutoSupport はインストール時にデフォルトで有効になりますが、この設定を変更したり、配信タイプを変更したりすることができます。

AutoSupport を有効または無効にします

AutoSupport 機能は Web サービスプロキシの初回インストール時に有効または無効になりますが、 ASUPConfig ファイルで設定を変更することができます。

次の手順に従って、 ASUPConfig.xml ファイルを使用して AutoSupport を有効または無効にできます。または、 * Configuration * および * POST/asup * を使用して API でこの機能を有効または無効にし、「 true 」または「 false 」を入力してもかまいません。

  1. 作業ディレクトリで ASUPConfig.xml ファイルを開きます。

  2. 「 <asupdata enabled="(boolean)" timestamp⇒` 」の行を探します

  3. 「 true 」(イネーブル)または「 false 」(ディセーブル)を入力します。例:

    <asupdata enabled="false" timestamp="0">
    注記 タイムスタンプエントリは必要ありません。
  4. ファイルを保存します。

AutoSupport の配信方法を設定する

AutoSupport 機能で HTTPS 、 HTTP 、または SMTP の配信方法を使用するように設定できます。デフォルトの配信方法は HTTPS です。

  1. 作業ディレクトリ内の ASUPConfig.xml ファイルにアクセスします。

  2. 文字列「 <delivery type="n">` 」に、表の説明に従って 1 、 2 、または 3 を入力します。

    価値 説明

    1.

    • HTTPS * (デフォルト)

    <delivery type="1"> 」を参照してください

    2.

    • HTTP *

    <delivery type="2"> 」を参照してください

    3.

    smtp — AutoSupport 配信タイプを SMTP に正しく設定するには、次の例のように、 SMTP メールサーバのアドレスと、送信者と受信者のユーザの E メールアドレスを含める必要があります。

    <delivery type="3">
    <smtp>
    <mailserver>smtp.example.com</mailserver>
    <sender>user@example.com</sender>
    <replyto>user@example.com</replyto>
    </smtp>
    </delivery>