日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ネットワーク設定に関する考慮事項

寄稿者

SolidFire ESDS をインストールする前に、 RHEL を実行するストレージノードに必要なネットワークをセットアップする必要があります。環境内のネットワークルーティングは、ユーザが行う必要があります。フレームワークとして提供されているベストプラクティスを使用できます。

重要
  • 結合またはチーミングされたインターフェースを使用します

  • クラスタ内のすべてのノードで同じインターフェイス名を使用します(例:各ノードの管理インターフェイスで team mgt 、各ノードのストレージインターフェイスで team stg )。

  • NetworkManager が実行されていることを確認します。

  • ポリシーベースルーティングのために、 NetworkManager-dispatcher-routing-rules パッケージがすべてのストレージノードにインストールされていることを確認します。

  • を参照してください "『 Best Practices for Networking and Network Maintenance on NetApp SolidFire Storage Systems 』を参照してください"

  • ボンドまたはチーム構成を通じて複数の冗長な物理インターフェイスを使用するように、各ノードの管理ネットワークとストレージネットワークを設定します。

ネットワークチーミングの詳細については、を参照してください "ネットワークチーミングを設定します"。デフォルトでは、すべてのストレージノードの 10GbE インターフェイスが有効になっており、最大伝送ユニット( MTU )は 9 、 000 バイトです。最適なパフォーマンスを確保するには、サーバ側のすべてのストレージインターフェイスについて、 NetApp SolidFire ストレージノードと同じ MTU を設定します。ジャンボフレームのオーバーヘッドを考慮し、ネットワークを適切に転送するために、少なくとも 9016 バイトの MTU をサポートするようにネットワークスイッチを設定する必要があります。この設定を変更して低い MTU 設定をサポートする場合は、ネットアップサポートにお問い合わせください。

SolidFire ESDS でさまざまなタイプのトラフィックに必要なストレージおよび管理ネットワークの詳細については、次の表を参照してください。

ネットワークのタイプ 説明

ストレージネットワーク

  • すべてのストレージ / iSCSI トラフィックを含みます。

  • 別のレイヤ 3 ネットワークに配置されたホストからマウントする場合や、クラスタ間でデータをレプリケートする場合は、ルーティングが可能です。

  • 同じレイヤ 2 ブロードキャストドメインにネットワークインターフェイスを設定します。

管理ネットワーク

  • すべての管理トラフィックが含まれます。

  • 別のレイヤ 3 ネットワークからクラスタの API や UI にアクセスする場合は、ルーティングが可能です。

  • 同じレイヤ 2 ブロードキャストドメインにネットワークインターフェイスを設定します。

ヒント ホストネットワークの設定例とヒントについては、を参照してください "こちらをご覧ください"