日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

インストールの前提条件となるタスクを実行します

寄稿者 netapp-mwallis netapp-dbagwell

SolidFire ESDS をインストールする前に、必要なチェックを実行し、お使いの環境が構成、 IP アドレス指定、およびネットワーク要件を満たしていることを確認してください。

<strong> 必要なハードウェアを設置する </strong>
<strong> ホスト(ノード)を設定 </strong> します
  • に記載されているサポート対象のバージョンに基づいて RHEL をインストールします "NetApp Interoperability Matrix (ログインが必要)"

  • ネットワーク内のすべてのホストで使用するネットワークタイムプロトコル( NTP )サーバを設定します。

  • インストール先を選択するときに、オプションボタンを選択してファイルシステムのパーティショニングを手動で設定します。[* 手動パーティション分割 ] ページで、 [+] および [-*] ボタンを使用して既存のパーティションを削除し、ここに記載されている推奨事項に従って新しいパーティションを作成してサイズを設定します。デフォルトの LVM パーティショニングスキームを使用すると、必要に応じてあとから簡単にサイズを変更できます。

    注記 デフォルトでは 'RHEL は ' 手動で作成するパーティションのデフォルト・ファイル・システムとして xfs を選択しますこれは '/boot' パーティションと 'swap' パーティションを除いて 'ext4 に変更する必要がありますあなたの「 /boot 」パーティションは「 ext2 」を使うべきです。

    SATA ディスクに 250GB がある場合は、次の推奨パーティションに従ってください。SATA ディスクの空き容量が大きい場合は、 /opt と /var パーティションのサイズを大きくできます。

    パーティション サイズ

    /boot

    1GB

    /opt

    50 GB

    /var

    50 GB

    スワップ( Swap )

    4 GB

    ホーム

    5 GB

    /

    10Gb 以上

    /usr

    10Gb 以上

    注記 /dev/sdb ディスクはどのプロセスでも使用されていません
  • /boot に対して RAID を無効にします。

  • [ ソフトウェアの選択 ] 画面で、インストールする特定のパッケージを選択し、 RHEL のバージョンに基づいて Server または Infrastructure Server を選択します。

  • 最初のブート後、次の手順を実行します。

    • Red Hat Subscription Manager をインストールし、次のリポジトリを有効にします。

      rhel-7-server-ansible-2.9-rpms
      rhel-7-server-optional-rpms
      rhel-7-server-extras-rpms
    • ノードで SSH を有効にします。

    • IPv6 を無効にする場合は、このセクションで説明する手順を実行します "技術情報アーティクル(ログインが必要です"

<strong> 必要なソフトウェアをインストールする </strong>
  • Ansible 、 Git 、 Podman 、 Python 3.0 をインストールします。

    注記 Element 12.3 でサポートされている Podman のバージョンは 1.1.6 です。
<strong>SolidFire ESDS をインストールするための NetApp の要件と構成が一致していることを確認します </strong>
  • に記載されている SolidFire ESDS 構成を使用します "ネットアップの Interoperability Matrix Tool ( IMT )" を参照してください。

    重要 SolidFire ESDS に関する問題についてサポートが必要な場合は、まず、ご使用のプラットフォームが IMT に記載されている SolidFire ESDS の参照構成に準拠していることを確認します。サポートが基盤のプラットフォームがリファレンス構成に準拠していないと判断した場合は、非準拠のファームウェア、ソフトウェア、ハードウェアのコンポーネントを IMT の正しいバージョンに合わせて調整する手順がサポートによってガイドされます。
  • SolidFire ESDS の準拠チェックを実行します。

    1. 'Ansible galxy install コマンドを実行して 'nar_solidfire_sds_compliance ロールをインストールします

      ansible-galaxy install git+https://github.com/NetApp-Automation/nar_solidfire_sds_compliance.git

      ロールは、からコピーして手動でインストールすることもできます "NetApp GitHub リポジトリ" そして '~/. epla/roles ディレクトリにロールを配置しますネットアップは README ファイルを提供しています。このファイルには、ロールの実行方法に関する情報が含まれています。

      注記 必ず最新バージョンのロールをダウンロードしてください。
    2. ダウンロードしたロールを、インストールしたディレクトリから 1 つ上のディレクトリに移動します。

       $ mv ~/.ansible/roles/ansible/nar_solidfire_sds_* ~/.ansible/roles/
    3. 「 Ansible galxy role list 」コマンドを実行して、新しい役割を利用するように Ansible が設定されていることを確認します。

       - nar_solidfire_sds_install, (unknown version)
       - nar_solidfire_sds_upgrade, (unknown version)
       - ansible, (unknown version)
       - nar_solidfire_sds_compliance, (unknown version)
       - nar_solidfire_cluster_config, (unknown version)
       - nar_solidfire_sds_uninstall, (unknown version)
    4. 準拠チェックに使用するプレイブックを作成します。

    5. 次の例に示すように、準拠チェックプレイブックを実行します。

       $ ansible-playbook -i yourinventory.yml yourplaybook.yml
    注記 SolidFire ESDS システムの使用を開始した後でも、定期的に準拠チェックを実行して、システムが準拠していることを確認する必要があります。場合によっては、ネットアップサポートから、準拠チェックを実行して問題の診断とトラブルシューティングを依頼されることがあります。
<strong> ネットワークと IP アドレスの要件を理解する </strong>
  • RHEL でネットワークとネットワークインターフェイスを設定および管理する方法を理解しておく必要があります。を参照してください "Red Hat のドキュメント"

  • ここで説明する IP 要件に従ってネットワークを設定します。

    コンポーネント ストレージネットワークの IP アドレス 管理ネットワークの IP アドレス IP アドレスの総数

    ストレージノード

    1.

    1.

    ノードあたり 2 本

    管理ノード

    (オプション) 1.

    1.

    ストレージネットワーク上のクラスタごとに 1 つ、管理ネットワーク上のクラスタごとに 1 つ、管理ノードのクラスタごとに 1 つの FQDN

    ストレージクラスタ

    ストレージ IP ( SVIP ) × 1

    管理 IP ( MVIP ) × 1

    ストレージクラスタあたり 2 本

  • 25GbE イーサネットスイッチでストレージネットワークを設定し、 10GbE スイッチで管理ネットワークを設定します。次の配線図を参照してください。

    に、 DL360 ノード上のポートを示します。
    項目 説明

    1.

    ストレージネットワークのポート

    2.

    IPMI のポート

    3.

    管理ネットワーク用のポート

重要 ここで示す図は例です。実際のハードウェアは、お使いのサーバによって異なる場合があります。
  • スイッチポートの MTU を 9216 バイトに変更します。

<strong> データセンターのファイアウォールで特定のポートを許可する </strong>
  • RHEL を実行しているストレージ・ノードで firewalld が有効になっている場合は ' 次のポートが開いていることを確認して ' システムをリモートで管理し ' データセンターの外部のクライアントがリソースに接続できるようにし ' 内部サービスが正常に機能することを確認します

    ソース 宛先 ポート 説明

    ストレージノードの MIP

    管理ノード

    80 TCP/UDP

    クラスタのアップグレード

    SNMP サーバ

    ストレージノードの MIP

    161 UDP

    SNMP ポーリング

    システム管理者の PC

    管理ノード

    442 TCP

    管理ノードへの HTTPS UI アクセス

    システム管理者の PC

    ストレージノードの MIP

    442 TCP

    ストレージノードへの HTTPS UI アクセス

    iSCSI クライアント

    ストレージクラスタの MVIP

    443 tcp

    (オプション) UI および API アクセス

    管理ノード

    monitoring.solidfire.com

    443 tcp

    Active IQ に報告するストレージクラスタ

    ストレージノードの MIP

    リモートストレージクラスタの MVIP

    443 tcp

    リモートレプリケーションのクラスタペアリング通信

    ストレージノードの MIP

    リモートストレージノードの MIP

    443 tcp

    リモートレプリケーションのクラスタペアリング通信

    SolidFire eSDSsfapp

    ノード UI および API アクセスでクラスタを作成できます

    2010 UDP

    クラスタビーコン(クラスタに追加するノードを検出するため)

    iSCSI クライアント

    ストレージクラスタの SVIP

    3260 TCP

    クライアント iSCSI 通信

    iSCSI クライアント

    ストレージクラスタの SIP

    3260 TCP

    クライアント iSCSI 通信

    SOAP サーバ

    SolidFire eSDSsfapp

    7627 TCP

    SOAP Web サービス

    システム管理者の PC

    該当なし

    8080 TCP

    システム管理者の通信

    vCenter Server の各サービスを提供

    管理ノード

    8443 / TCP

    vCenter Plug-in の QoSSIOC サービス

    注記 では、 Element 分散データベースにポート 2181 、 2182 、および 2183 が必要です。 SolidFire ESDS をインストールすると、 Element コンテナから動的に開かれます。
  • 上記のポートを開くには、次のコマンドを使用します。

    systemctl start firewalld
    firewall-cmd --permanent --add-service=snmp
    firewall-cmd --permanent --add-port=80/tcp
    firewall-cmd --permanent --add-port=80/udp
    firewall-cmd --permanent --add-port=442-443/tcp
    firewall-cmd --permanent --add-port=442-443/udp
    firewall-cmd --permanent --add-port=2010/udp
    firewall-cmd --permanent --add-source-port=2010/udp
    firewall-cmd --permanent --add-port=3260/tcp
    firewall-cmd --permanent --add-port=7627/tcp
    firewall-cmd --permanent --add-port=8080/tcp
    firewall-cmd --permanent --add-port=8443/tcp
    firewall-cmd –-reload
<strong> ホストネットワークを設定 </strong>
  • を使用してホストネットワークを設定します "ベストプラクティス" 提供されます。

    重要 SolidFire ESDS を正常にインストールするには、ホストネットワークを設定する手順を実行する必要があります。
<strong> 追加要件を満たす </strong>
  • 1 つの Collect をインストールします。この収集は、ネットアップサポートがホストログを収集するために使用します。から収集したデータは 1 つインストールできます "こちらをご覧ください"。ダウンロードにアクセスするには、ネットアップアカウントが必要です。『 Collect Installation Guide 』と『 Release Notes 』も同じ場所にあります。

    注記 最適なサポートを受けるには、収集したものを 1 つダウンロードしてインストールする必要があります。
  • ログを収集する管理ノードをインストールし、ネットアップサポートがトラブルシューティングにアクセスできるようにします。管理ノードとインストールの手順については、を参照してください "こちらをご覧ください"