日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

NetApp SolidFire エンタープライズ SDS の導入を始めましょう

寄稿者 netapp-mwallis

NetApp SolidFire エンタープライズ SDS ( ESDS )は、 SolidFire スケールアウトテクノロジと NetApp Element ソフトウェアデータサービスのメリットを、 SolidFire ESDS のリファレンス構成を満たす任意のハードウェア上で提供します。SolidFire ESDS は、基盤となるハードウェアに依存しない NetApp Element ソフトウェアを提供します。これにより、ネットアップブランドのアプライアンスまたは汎用サーバの Element 機能をすべて使用できるようになります。このサーバは、ネットアップのリファレンス構成に準拠します。

SolidFire ESDS の主な機能

  • コンテナを使用して Element ソフトウェアをインストールして実行できます。

  • 検証済みの汎用サーバプラットフォームを使用して、エンタープライズストレージの機能と信頼性を実現します。所定の x86 サーバプラットフォームおよび基盤となるコンポーネント( CPU 、メモリ、 SSD ドライブ、キャッシュ、ネットワーク、 SolidFire ファームウェア)。で公開されているリファレンス構成ごとに表示されます "ネットアップの Interoperability Matrix Tool ( IMT )"

  • 保存中のソフトウェア暗号化を提供します。保存データのソフトウェア暗号化を使用すると、ストレージクラスタ内の SSD に書き込まれるすべてのデータを暗号化できます。これにより、自己暗号化ドライブ( SED )を搭載していない SolidFire ESDS ノードで、暗号化の一次レイヤが提供されます。

  • Quality of Service ( QoS ;サービス品質)ポリシーを使用して予測可能なクラスタパフォーマンスを提供します。

  • では、 4~40 ノードのクラスタがサポートされます。

  • Term Capacity ライセンスモデルでライセンス付与されます。

  • は、テクノロジパートナーとのサポート契約を利用してサポートを提供する新しいモデルを使用します。

ネットアップは、 SolidFire ESDS を通じて Element 用のコンテナを提供し、必要な要件を満たすコモディティハードウェア上での実行を可能にします。オペレーティングシステムがインストールされた独自のサーバを使用します。Ansible などの自動化ツールを使用して、インストール前のコンプライアンスチェックを実行し、 SolidFire ESDS をインストールします。インストール前のセットアップタスクでは、ログバンドルの収集や SolidFire AIQ などのその他のサービスをサポートするために、管理ノードをインストールする必要があります。SolidFire ESDS 環境のさまざまなコンポーネントを示すアーキテクチャの概要を次に示します。

に、 ESDS 環境のアーキテクチャの概要を示します。
注記 プラットフォームのライフサイクルの設定、監視、管理、およびネットワークインターフェイスとルーティングテーブルの設定は、ユーザ自身で行う必要があります。

NetApp Element ソフトウェアの一部の機能は、 SolidFire ESDS には適用されません。ハードウェアの監視、ファームウェアの更新、自己暗号化ドライブ( SED )を搭載した保存データの暗号化( EAR )、 SolidFire ESDS ではファイバチャネルなど、従来の SolidFire ストレージノードの Element 機能はネイティブでは無効になっています。

  • 外部キー管理( EKM )

  • ハードウェア暗号化

  • マルチドライブスライスサービス( MDSS )

  • ハードウェアの監視、ホストプラットフォームの更新(ドライバ、ファームウェア、オペレーティングシステムパッケージなど)、およびファイバチャネル

クイックスタート情報

SolidFire ESDS をインストールするための手順を簡潔に説明します "こちらをご覧ください"

ライセンスポリシー

SolidFire ESDS は、ネットアップの用語容量ライセンスモデルによって管理されます。

このモデルのポリシーの概要を以下に示します。

  • ソフトウェアコストは物理容量(ドライブのサイズとノードまたはクラスタ内のドライブ数)に基づいて算出されるため、このモデルのソフトウェアコストを簡単に予測できます。

  • ソフトウェアライセンスキーは必要ありません。注文後に受け取ったドキュメントキットに含まれているセールスオーダーには、ソフトウェアのマスターシリアル番号が記載されています。このマスターシリアル番号はサポート資格に使用されるため、保持しておく必要があります。

詳細については、を参照してください "NetApp HCI および SolidFire の購入モデル"

SolidFire ESDS をインストールおよび使用するためのインターフェイス

SolidFire ESDS のインストール、監視、および管理に使用するツールとインターフェイスのリストを次に示します。

ツール / インターフェース 誰が使用するか 説明

Ansible のコンプライアンスチェックロール

お客様

プラットフォームがに記載されている参照構成と一致することを確認するため "NetApp Interoperability Matrix Tool (ログインが必要)"。この作業は、 SolidFire ESDS をインストールする前に実行する必要があります。

Ansible のインストールロール

お客様

SolidFire ESDS のインストール用。

管理ノード

お客様

AIQ などのログバンドルの収集と管理サービス用。

NetApp Hybrid Cloud Control の略

お客様とネットアップサポート

クラスタの作成、ノード単位の管理、および管理ノードからのログ収集用。

Hewlett Packard Enterprise ( HPE ) Integrated Lights Out ( iLO )

お客様、 HPE サポート

ルート原因分析のイベントとステータスに関するデータを収集するため。

Dell Integrated Dell Remote Access Controller ( iDRAC )

お客様、デルサポート

ルート原因分析のイベントとステータスに関するデータを収集するため。

NetApp Element ソフトウェア UI

お客様

SolidFire ESDS ストレージクラスタの管理用。

Active IQ

お客様とネットアップサポート

クラスタの健常性ステータスの監視用。

1 回の収集

ネットアップサポート

補足的なログ収集の場合。

インストールの概要

SolidFire ESDS は、 Ansible などの自動化ツールを使用してインストールできます。

以下は Ansible を使用したインストールの概要です。

に、インストールワークフローを示します。

動的ノード定格( Element 12.3.1! の新機能)

動的ノード定格は、 Element 12..1 の新機能です。この機能を使用すると、現在のプラットフォームごとに 1 つの CPU モデルではなく、 ESDS プラットフォームごとに 24 個のサポートされている CPU を利用できます。

動的ノード評価は、現在 ESDS でサポートされているすべてのプラットフォーム( DL360 、 DL380 、 R640 )でサポートされています。

ノードの動的な評価の初回リリースでは、どのノードでも最大 IOPS 定格は 100K です。