日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SolidFire ESDS ストレージを管理します

寄稿者

ストレージクラスタに SolidFire ESDS をインストールしたら、 Element UI 、 Element API 、または NetApp Element Plug-in for vCenter Server ( VCP )を使用してストレージクラスタを管理できます。

各種のストレージ管理タスク用のコンテンツへのリンクを次に示します。

SolidFire ESDS クラスタでは Element API を使用します

  • * 保存中のソフトウェア暗号化の拡張 * : Element 12.3 には、ソフトウェアの保存データの暗号化機能の拡張機能が導入されています。この機能は、 SolidFire エンタープライズ SDS ストレージクラスタを作成するとデフォルトで有効になります。この機能では、ストレージノード内の SSD に格納されているすべてのデータが暗号化され、クライアント IO のパフォーマンスへの影響は非常に小さく(最大 2% )すぎません。保存データのソフトウェア暗号化に関連する Element API メソッドを次に示します(を参照) "Element API のドキュメント" 各メソッドの詳細については、以下を参照してください)。

    • 'CreateCluster'

    • 「 DisableEncryptionAtRest 」

    • EnableEncryptionAtRest

    • GetSoftwareEncryptionAtRestInfo

    • RekeySoftwareEncryptionAtRestMasterKey

  • * 保持するスナップショットの最大数を定義する機能 * : Element 12.3 では、スナップショット保持機能が強化されています。この拡張機能をサポートするように次の API が変更されています(を参照) "Element API のドキュメント" 各メソッドの詳細については、以下を参照してください)。

    • 'CreateVolume'

    • 「 modifyVolume 」

    • CreateSnapshot の更新

    • 'createschedule'

    • 「 modifyGroupSnapshot 」

    • 「変更スケジュール」

    • 「 modifySnapshot 」

    • 'CreateGroupSnapshot'

  • * Element ソフトウェアのパッチに関する情報を入手する *: Element 12.3 には GetPatchInfo メソッドが導入されています。これにより、ストレージノードにインストールされている Element ソフトウェアのパッチに関する情報を取得できます。を参照してください "Element API のドキュメント" を参照してください。

  • * ノード上の各ネットワークインターフェイスの統計情報を表示する *: Element 12.3 では、「 ListNetworkInterfaceStats 」メソッドが導入されています。このメソッドを使用すると、ノード上の各ネットワークインターフェイスのドロップされたパケット数やさまざまな種類のエラーなどの統計情報を表示できます。この API メソッドは、個々のノードに対して使用するためのものです。個々のノードにアクセスするには、ユーザ ID とパスワードによる認証が必要です。ただし、メソッド呼び出しで force パラメータの値が true に設定されている場合は、このメソッドをクラスタに対して使用できます。パラメータをクラスタに対して使用すると、すべてのインターフェイスのネットワーク統計が表示されます。を参照してください "Element API のドキュメント" を参照してください。

  • * SolidFire ESDS* をサポートするために Element 12.2 で導入および更新された API : SolidFire ESDS クラスタで使用できる新しい API が Element 12.2 で導入されました。

Element 12.2 で追加された API の一覧を次に示します。

SolidFire ESDS クラスタをサポートするために、次の 12.2 の API が更新されました。

  • "「 AddNodes 」"

  • "'CreateCluster'"

    注記 Element ソフトウェア 12.2 の「 CreateCluster 」メソッドに、新しいパラメータ「 OrderNumber 」、「 erialNumber 」、および「 enableSoftwareEncryptionAtRest 」が追加されました。SolidFire ESDS のインストール後にクラスタを作成する場合は、この API メソッドを使用してこれらのパラメータを指定する必要があります。
  • * Element 12.2 API は SolidFire ESDS クラスタではサポートされていません * 。以下に、 SolidFire ESDS クラスタではサポートされていない Element 12.2 API のリストを示します。

  • 「 ListClusterInterfacePreferences 」

  • 「 ListNodeStats 」

  • 「参照可能な管理者」

  • 「 DisableClusterSsh 」を参照してください

  • EnableClusterSsh

  • 「 EnableSsh 」を参照してください

  • 「 GetIpmiConfig 」

  • 「 GetIpmiInfo 」

  • 「 GetSshInfo( 取得情報 ) 」

  • 「 ListNetworkInterfaces 」を参照してください

  • 「 ResetNode 」と入力します

  • 「 RestartNetworking 」を参照してください

  • 「 ResetNetworkConfig 」

  • 'setConfig'

  • 「 etNetworkConfig 」

  • 「 DisableBmcColdReset 」

  • 'EnableBmcColdReset' のように表示されます

  • 'etNtpInfo'

  • 「 TestAddressAvailability 」