日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

<code>sf_sds_config.yaml </code> ファイルの内容

寄稿者

すべてのノードには 'sf_sds_config.yaml ファイルがありますこのファイルには ' SolidFire ESDS サービスで使用するように指定するハードウェアのリストが含まれていますドライブを交換したら、このファイルにドライブを交換するノードの交換用ドライブ情報を追加する必要があります。このファイルは '/opt/sf/` に保存されますこのファイルには、ノード内のドライブに関するすべての情報が含まれます。新しいドライブを追加するたびに、このファイルに新しいドライブの詳細を入力する必要があります。

ファイルの * 必須 * の内容は次のとおりです。

キーを押します デフォルト を入力します 説明

schemaVersion

"2.0"

文字列

ファイルのスキーマバージョン番号。

ネットワーク

該当なし

リスト

指定できる値は、 ManagementInterface 、 storageInterface です

管理インターフェイス

"team0"

文字列

管理トラフィックとクラスタ管理トラフィックに使用する、事前に設定された冗長なホスト OS ネットワークインターフェイスの名前。

ストレージインターフェイス

" チーム 1"

文字列

ストレージネットワークトラフィック( iSCSI トラフィック)に使用する、事前に設定された冗長なホスト OS ネットワークインターフェイスの名前。

データドライブ

該当なし

リスト

SolidFire ESDS で使用されている物理ストレージデバイスへのホスト OS パスのリスト。これをブロックデバイスまたは NVMe デバイスへの完全なパスとして指定できます。完全なパスの例として、 /dev/disk/by-id/wwn-xxxx-xxxx - 例、 /dev/disk/by-uuid/nvme-xxxxx-xxx-example 、 /dev/sda1 がサポートされています

キャッシュデバイス

該当なし

リスト

SolidFire ESDS によってキャッシュデバイスとして使用されている物理デバイスへのホスト OS パス。リストエントリとして指定する必要があります。サポートされる完全なパスの例を次に示します。 /dev/disk/by-id/nvme-nvme.8086-XXXXXXXXX -XXXXXX-example