日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

解決策の概要

寄稿者

FlexPod Express は、混在仮想化ワークロードを実行するように設計されています。リモートオフィス、ブランチオフィス、中堅企業を対象としています。また、特定の目的に専用の解決策を実装したい大規模企業にも最適です。新しい FlexPod Express 解決策の主なドライバは、 ONTAP 9.5 、 FAS27xx/AFF220 、 VMware vSphere 6.7U1 などの新しいテクノロジを FlexPod Express に追加することです。

次の図に、 FlexPod Express 解決策に含まれるハードウェアコンポーネントを示します。

エラー:グラフィックイメージがありません

対象読者

本ドキュメントは、 IT の効率化と IT のイノベーションを実現するために構築されたインフラを活用したいと考えているユーザを対象としています。本ドキュメントが対象とする主な読者は、セールスエンジニア、フィールドコンサルタント、プロフェッショナルサービス担当者、 IT マネージャーなどです。 パートナー様のエンジニア、お客様

解決策テクノロジ

この解決策では、ネットアップ、 Cisco 、 VMware の最新テクノロジを使用しています。ONTAP 9.5 を実行する NetApp AFF A220 、デュアル Cisco Nexus 31108PCV スイッチ、および VMware vSphere 6.7U1 を実行する Cisco UCS B200 M5 サーバを搭載しています。検証済みのこの解決策では、 10GbE テクノロジ経由で Direct Connect IP ストレージを使用します。

次の図は、 FlexPod Express と VMware vSphere 6.7U1 IP ベースの Direct Connect アーキテクチャを示しています。

エラー:グラフィックイメージがありません

ユースケースの概要

FlexPod Express 解決策は、次のようないくつかのユースケースに適用できます。

  • ROBOs

  • 中堅・中小企業向け

  • コスト効率に優れた専用の解決策 FlexPod Express を必要とする環境は、仮想ワークロードと混在ワークロードに最適です。