日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ベースインフラの構成

寄稿者

ネットワーク接続

インフラを設定する前に、次のネットワーク接続を確立しておく必要があります。

  • 全体を通して、ポートチャネルと仮想ポートチャネルを使用したリンクアグリゲーションが使用されるため、より広い帯域幅と HA を実現できます。

    • 仮想ポートチャネルは、 Cisco FI スイッチと Cisco Nexus スイッチの間で使用されます。

    • 各サーバには、ユニファイドファブリックへの冗長接続を持つ vNIC があります。NIC フェイルオーバーは、 FI 間で冗長性を確保するために使用されます。

    • 各サーバには、ユニファイドファブリックに冗長接続された vHBA があります。

  • Cisco UCS FI は推奨されるエンドホストモードで設定され、アップリンクスイッチへの vNIC のダイナミックなピン接続を提供します。

ストレージ接続

インフラを設定する前に、次のストレージ接続を確立しておく必要があります。

  • ストレージポート ifgroup ( vPC )

  • スイッチ N9k- A への 10G リンク

  • スイッチ N9k-B への 10G リンク

  • インバンド管理(アクティブ / パッシブボンド):

    • 管理スイッチ N9k-A への 1G リンク

    • 管理スイッチ N9k-B への 1G リンク

  • Cisco MDS スイッチを介した 16G FC のエンドツーエンド接続。単一イニシエータのゾーニングが設定さ

  • FC SAN ブートでは、ステートレスコンピューティングを完全に実現します。サーバは、 AFF ストレージクラスタでホストされているブートボリューム内の LUN からブートされます。

  • Epic ワークロードはすべて FC LUN でホストされており、 FC LUN はストレージコントローラノード全体に分散されています。

ホストソフトウェア

次のソフトウェアをインストールする必要があります。

  • ESXi は Cisco UCS ブレードにインストールされます。

  • vCenter をインストールして設定し、すべてのホストを vCenter に登録します。

  • VSC が vCenter にインストールされて登録されている。

  • ネットアップクラスタが設定されている。