日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

インフラのハードウェアコンポーネントとソフトウェアコンポーネント

寄稿者

必ずを使用してください "Interoperability Matrix Tool ( IMT )" ソフトウェアとファームウェアのすべてのバージョンがサポートされていることを検証します。次の表に、テストで使用したインフラのハードウェアとソフトウェアのコンポーネントを示します。

レイヤー( Layer ) 製品ファミリー バージョンまたはリリース 詳細

コンピューティング

Cisco UCS 5108

1 台のシャーシ

Cisco UCS ブレードサーバ

B200 M5 × 4

各 CPU コア × 18 、 RAM BIOS が 768GB ( 2.2(8) )

Cisco UCS VIC

UCS 1340 × 4

VMware ESXi fNIC FC ドライバ: 1.0.34 VMware ESXi eNIC イーサネットドライバ: 1.0.6.0

Cisco UCS FI × 2

6332-16UP と Cisco UCSM 3.2(2f )

ネットワーク

Cisco イーサネットスイッチ

7.0 ( 3 ) I7 ( 2 )

Cisco Nexus 9372PX-E × 2

ストレージネットワーク

iSCSI : N9k を使用する IP 解決策

FI および UCS シャーシ

FC : Cisco MDS 9148S

8.2 ( 2 )

Cisco 9148S スイッチ × 2

ストレージ

NetApp AFF A700s × 2

ONTAP 9.3 一般提供

2 ノードクラスタ × 1

DS224C ディスクシェルフ × 2

SSD の場合

960GB × 48

ソフトウェア

ハイパーバイザー

VMware vSphere ESXi 6.5 U1

仮想マシン

RHEL 7.4

ハイパーバイザー管理システム

VMware vCenter Server 6.5 U1 ( vCSA )

vCenter Server Appliance の略

NetApp Virtual Storage Console の略

VSC 7.0P1

SnapCenter

SnapCenter 4.0

Cisco UCS Manager の略

3.2 ( 2f ) *