日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

エグゼクティブサマリー

寄稿者

ネットアップの All Flash FAS プラットフォームのストレージ効率とパフォーマンスを示すために、 AFF A300 および AFF A700 システムで Epic EHR のパフォーマンスを測定する調査を実施しました。ONTAP 9.5 を実行している AFF A300 および ONTAP 9.4 を実行している AFF A700 ストレージコントローラで、 Epic EHR ワークロードを実行しているそれぞれについて、データスループット、ピーク IOPS 、平均レイテンシを測定しました。SPC-2 テストと同様に、インラインの Storage Efficiency 機能もすべて有効にしました。

AFF A300 クラスタで Epic Genio ワークロードジェネレータを実行しました。このクラスタには、 3.8TB SSD を合計 24 本、 AFF A700 クラスタには 3.8TB SSD を合計 48 本搭載しています。テストでは、このクラスタにさまざまな負荷をかけて、 CPU の利用率がピークになるようにし、負荷のポイントごとに、ストレージの IOPS とレイテンシに関する情報を収集しました。

ネットアップでは、ソフトウェアのアップグレードを 1 回行うたびにパフォーマンスが 40~50% 向上しました。パフォーマンスの強化によるイノベーションは、ワークロードやプロトコルによってさまざまです。

Epic のパフォーマンステストで、 AFF A300 クラスタの IOPS が 75 、 000 IOPS 未満で 1 ミリ秒未満になったことが実証され、最大パフォーマンスは 18 、 929 IOPS で 1 ミリ秒未満に達したことが実証されました。IOPS が 200 、 000 以下のすべての負荷のポイントで、ストレージの一貫したレイテンシを 1 ミリ秒以下に抑えることができました。さらに、 AFF A700 クラスタの IOPS が 75 、 000 IOPS 未満で 1 ミリ秒未満で最大パフォーマンスが 319,000 IOPS 未満であったことも、 Epic のパフォーマンステストで実証されました。IOPS が 320 、 000 以下のすべての負荷のポイントで、ストレージの一貫したレイテンシを 1 ミリ秒以下に抑えることができました。