日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

テスト方法

寄稿者

テスト計画

Epic で GenerationIO ツール( Genio )を使用して、ストレージが本番環境に対応しているかどうかを検証しました。このテストでは、ストレージを制限までプッシュし、要件が失敗するまで徐々に稼働させてストレージコントローラのヘッドルームを決定することで、パフォーマンスに焦点を当てます。

ここで実施するテストでは、ヘッドルームの特定と、アダプティブ Quality of Service ( AQOS )を使用した重要な Epic ワークロードの保護に焦点を当てています。AFF A300 のテストでは、 2 台のサーバを両方にロードした Genio で使用して、ストレージコントローラ上の I/O を処理します。3 台のサーバをすべての 3 台にロードされた Genio とともに使用して、 AFF A700 ストレージコントローラ上の I/O をドライブします。サーバのパフォーマンス制限のために 3 台のサーバが使用され、 AFF A700 には 3 台のサーバが必要です。

テスト環境

ハードウェアとソフトウェア:

今回の調査では、 Cisco UCS B200-M5s 上で実行される VMware ESXi 6.5 で 3 台の Red Hat Linux 仮想マシン( VM )を構成しました。サーバ側で 16Gb FC を使用し、ストレージ側で 16GB FC を使用して、 ESXi ホストを AFF ストレージコントローラノードに接続しました。AFF A700 ノードは、ネットアップのケーブル配線のベストプラクティスに従って、 3.8TB SSD の DS2446 ディスクシェルフの 1 台に接続しました。

以下の 3 つの表に、 Epic パフォーマンステスト構成で使用したハードウェアとソフトウェアのコンポーネントを示します。

次の表に、 Epic Test のハードウェアおよびソフトウェアコンポーネントを示します。

ハードウェアおよびソフトウェアコンポーネント 詳細

VM 用のオペレーティングシステム

RHEL 7.4 VM

サーバブレード上のオペレーティングシステム

VMware ESXi 6.5 の場合

物理サーバ

Cisco UCS B200 M5 × 3

サーバあたりのプロセッサ数

20 コア Intel Xeon Gold 6148 2.4GHz x 2

サーバあたりの物理メモリ

768GB

FC ネットワーク

16Gb FC 、マルチパス対応

FC HBA

Cisco UCS VIC 1340 上の FC vHBA

クラスタ管理用の専用パブリック 1GbE ポート

Intel 1350GbE ポート × 2

16Gb FC スイッチ

Cisco MDS 9148s

40GbE スイッチ

Cisco Nexus 9332 スイッチ

次の表に、 NetApp AFF A700 および AFF A300 ストレージシステムのハードウェアとソフトウェアを示します。

ハードウェアおよびソフトウェアコンポーネント AFF A700 の詳細 AFF A300 の詳細

ストレージシステム

ハイアベイラビリティ( HA )アクティブ / アクティブペアとして構成された AFF A700 コントローラ

AFF A300 コントローラがハイアベイラビリティ( HA )アクティブ / アクティブペアとして構成されている場合

ONTAP バージョン

9.4

9.5

ドライブの総数

36

24

ドライブサイズ

3.8TB

3.8TB

ドライブタイプ

SSD の場合

SSD の場合

FC ターゲットポート

16Gb ポート × 8 (ノードあたり 4 つ)

16Gb ポート × 8 (ノードあたり 4 つ)

イーサネットポート

10Gb ポート × 4 (ノードあたり 2 つ)

10Gb ポート × 4 (ノードあたり 2 つ)

Storage Virtual Machine ( SVM )

両方のノードのアグリゲートに 1 つの SVM

両方のノードのアグリゲートに 1 つの SVM

イーサネット論理インターフェイス( LIF )

1Gb 管理 LIF × 4 (ノードあたり 2 つ。別々のプライベート VLAN に接続)

1Gb 管理 LIF × 4 (ノードあたり 2 つ。別々のプライベート VLAN に接続)

FC LIF

16Gb データ LIF × 4

16Gb データ LIF × 4

次の表に、 NetApp AFF A700 と AFF A300 ストレージシステムのレイアウトを示します。

ストレージレイアウト AFF A700 の詳細 AFF A300 の詳細

SVM

Epic アプリケーションデータベース対応の SVM が 1 つ

Epic アプリケーションデータベース対応の SVM が 1 つ

アグリゲート

それぞれ 2 台の 20TB

それぞれ 2 つの 30TB です

本番用のボリューム

RHEL VM あたり 342GB のボリューム × 16

RHEL VM あたり 16 個の 512GB ボリューム

本番用の LUN

307GB LUN × 16 、ボリュームあたり 1 個

460GB の LUN を 16 個、ボリュームごとに 1 個

ジャーナル用のボリューム

RHEL VM ごとに 2 つの 95Gb ボリューム

RHEL VM ごとに 240GB のボリュームを 2 個

ジャーナル用の LUN

75GB の LUN が 2 つ、ボリュームごとに 1 つ

190Gb LUN 2 個(ボリュームごとに 1 個