日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

まとめ

寄稿者

この解決策 では、ネットアップのAstraポートフォリオを使用して、FlexPod とAWSで実行されるコンテナ化アプリケーション向けの保護計画を実装しました。ネットアップのAstra Control CenterとAstra Tridentは、Cloud Volumes ONTAP 、Red Hat OpenShift、FlexPod インフラとともに、この解決策 のコアコンポーネントを形成しました。

Snapshotをキャプチャしてアプリケーションの保護を実証し、クラウド環境とオンプレミス環境で実行されているKubernetesクラスタ間でアプリケーションをリストアするフルコピーバックアップを実行しました。

また、Kubernetesクラスタ間でアプリケーションのクローニングを実演し、お客様が希望する場所で選択したKubernetesクラスタにアプリケーションを移行できるようにする方法についても説明しました。

FlexPod は絶えず進化しているため、お客様はアプリケーションやビジネス提供プロセスを最新化できます。この解決策 を使用することで、FlexPod のお客様は、解決策 のコストを低く抑えながら、短期またはフルタイムのDRプランを作成できる場所としてパブリッククラウドを使用して、クラウドネイティブアプリケーション向けのBCDRプランを自信を持って構築できます。

Astra Controlを使用すると、クラスタの配置場所に関係なく、アプリケーション全体をKubernetesクラスタ間でデータとともに移動できます。また、クラウドネイティブアプリケーションの導入、運用、保護を高速化するのにも役立ちます。

トラブルシューティング

トラブルシューティングのガイダンスについては、を参照してください "オンラインドキュメント"

追加情報の参照先

このドキュメントに記載されている情報の詳細については、以下のドキュメントや Web サイトを参照してください。

バージョン履歴

バージョン 日付 ドキュメントのバージョン履歴

バージョン 1.0 以降

2022年7月

ACC 22.04.0用リリース。