日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

クラウド統合とICOの統合の前提条件

寄稿者

手順 1:Cisco IntersightとTerraform Cloudを接続します

  1. Terraform Cloudアカウントの詳細情報を提供して、クラウドターゲットを請求または作成します。

  2. プライベートクラウド用のTerraform Cloud Agentターゲットを作成して、お客様がデータセンターにエージェントをインストールし、Terraform Cloudと通信できるようにします。

    詳細については、を参照してください "リンクをクリックしてください"

手順 2:ユーザートークンを生成します

Terraform Cloudのターゲットを追加する際には、Terraform Cloud設定ページからユーザー名とAPIトークンを入力する必要があります。

  1. Terraform Cloudにログインし、* User Tokens *にアクセスします。 "https://app.terraform.io/app/settings/tokens"

  2. [新しいAPIトークンの作成]をクリックします。

  3. トークンを覚えて安全な場所に保存するための名前を割り当てます。

手順 3:クラウドターゲットを要求

  1. アカウント管理者、デバイス管理者、またはデバイス技術者の権限でIntersightにログインします。

  2. [管理者]、[ターゲット]、[新しいターゲットの請求]の順に移動します。*

  3. カテゴリ」で、「クラウド」をクリックします。

  4. [Terraform Cloud]をクリックし、[Start]をクリックします。

    Cisco Intersightでのターゲットタイプの選択のスクリーンショット。

  5. 次の図に示すように、ターゲットの名前、Terraform Cloudのユーザー名、APIトークン、およびTerraform Cloudのデフォルトの組織を入力します。

  6. [*Default Managed Hosts]フィールドに、他の管理対象ホストと一緒に次のリンクを追加してください。

    • github.com

    • github-releases.githubusercontent.com

      Default Managed Hostフィールドのスクリーンショット。

すべてが正しく入力されていれば、[* Intersight Targets]セクションにTerraform Cloudターゲットが表示されます。

手順 4:クラウドエージェントを追加します

前提条件

  • クラウドのターゲットをクラウド化

  • Terraform Cloud Agentを展開する前に、Intersight AssistをIntersightに主張。

注記 各アシストに対して請求できるエージェントは5人だけです。
注記 Terraformへの接続を作成したら、Terraform AgentをスピンアップしてTerraformコードを実行する必要があります。
  1. Terraform Cloudターゲットのドロップダウンリストから*Claim Terraform Cloud Agent *をクリックします。

  2. Terraformクラウドエージェントの詳細を入力します。次のスクリーンショットは、Terraformエージェントの構成の詳細を示しています。

    Terraformエージェントの設定の詳細を示すスクリーンショット

注記 任意のTerraform Agentプロパティを更新できます。ターゲットが「接続されていない」状態で、「接続されていない」状態になっていない場合、Terraformエージェントに対してトークンが生成されていません。

エージェントの検証が成功し、エージェントトークンが生成された後、組織やエージェントプールを再構成することはできません。Terraformエージェントが正常に配備された場合、ステータスは* Connected *と表示されます。

Terraform Cloud統合を有効にして主張したら、Cisco Intersight Assistで1つ以上のTerraform Cloudエージェントを導入できます。Terraform Cloudエージェントは、クラウドターゲットの子ターゲットとしてモデル化されています。エージェント目標を要求すると、ターゲット請求が進行中であることを示すメッセージが表示されます。

数秒後、ターゲットは「接続済み」状態に移行し、IntersightプラットフォームはエージェントからTerraform CloudゲートウェイにHTTPSパケットをルーティングします。

Terraform Agentは正しく請求され、ターゲットの下に「* Connected *」と表示されます。