• ホーム
  • ドキュメント
  • HCI
  • Element 12.3.x 用の NetApp SolidFire オールフラッシュストレージシステムをアップグレードします
日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Element 12.3.x 用の NetApp SolidFire オールフラッシュストレージシステムをアップグレードします

寄稿者 netapp-dbagwell このページの PDF をダウンロード

導入後も SolidFire Element ストレージシステムを最新の状態に保つには、すべてのネットアップストレージコンポーネントを順番にアップグレードします。

これらのコンポーネントには、管理サービス、 HealthTools 、 NetApp Hybrid Cloud Control ( HCC )、 Element ソフトウェア、管理ノード、および(インストール環境に応じて) Element Plug-in for vCenter Server が含まれます。

必要なもの
  • 管理ノード 11.3 以降が実行されていることを確認します。新しいバージョンの管理ノードには、個々のサービスを提供するモジュラアーキテクチャが採用されています。

    ヒント バージョンを確認するには、管理ノードにログインし、ログインバナーに表示される Element のバージョン番号を確認します。11.3 を使用していない場合は、を参照してください "管理ノードをアップグレードします"
  • 管理サービスをバージョン 2.1.326 以上にアップグレードしておきます。

    HCC を使用したアップグレードは、以前のバージョンのサービスバンドルでは使用できません。

  • すべてのノードのシステム時間が同期され、 NTP がストレージクラスタとノードに対して正しく設定されていることを確認しておきます。各ノードには、ノード Web UI (「 https://[IP address 」: 442 )に DNS ネームサーバを設定する必要があります。時刻のずれに関連する未解決のクラスタ障害はありません。

手順
  1. "Hybrid Cloud Control から管理サービスを更新します"

    重要 管理サービスをバージョン 2.16 以降に更新する場合、管理ノード 11.3 から 11.8 を実行しているときは、管理サービスを更新する前に管理ノード VM の RAM を増やす必要があります。
    重要 Element ソフトウェアをアップグレードする前に、最新の管理サービスバンドルに更新する必要があります。
  2. "(オプション)最新の HealthTools にアップグレードします"

    注記 HealthTools のアップグレードは、実行している管理ノードと Element ソフトウェアが 11.1 以前の場合にのみ必要です。NetApp Hybrid Cloud Control を使用した Element のアップグレードには HealthTools は必要ありません。
  3. "ストレージをアップグレードする前に、 Element ストレージの健全性チェックを実行します"

  4. "Element ソフトウェアとストレージファームウェアをアップグレードします"

  5. "(オプション) Element ストレージファームウェアのみをアップグレードします"

    注記 このタスクは、メジャーリリース以外で新しいストレージファームウェアアップグレードがリリースされたときに実行することができます。
  6. "(オプション)管理ノードをアップグレードします"

    注記 ストレージクラスタ上の Element ソフトウェアをアップグレードするために、管理ノードのオペレーティングシステムをアップグレードする必要がなくなりました。管理ノードのバージョンが 11.3 以降である場合は、 NetApp Hybrid Cloud Control を使用して管理サービスを最新バージョンにアップグレードするだけで Element をアップグレードできます。管理ノードのオペレーティングシステムをアップグレードする理由がほかにもある場合は、セキュリティの修正など、管理ノードのアップグレード手順に従ってください。
  7. "Element Plug-in for vCenter Server をアップグレードします"

詳細については、こちらをご覧ください