日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

レポート用 API

寄稿者 ciarm dmp-netapp このページの PDF をダウンロード

次の表のメソッドを使用して、レポートを取得および生成します。

HTTP メソッド パス 説明

「 GET 」

「 /v2.1/reports` 」

すべてのレポートのリストを取得します。

「 POST 」

/v2.1/reports/{filename}

レポートを取得します。

レポートのリストを取得します

次の表に示すメソッドを使用して、レポートのリストを取得します。

HTTP メソッド パス 説明 パラメータ

「 GET 」

「 /v2.1/reports` 」

テナントで使用可能なすべてのレポートを取得します。レポートは日付範囲でフィルタリングできます。

  • 「 tenant_id (文字列)」

  • 'start(string) `: 開始時に指定した日付より新しいレポートを取得します

  • `end (string) `: 最後に指定した日付より古いレポートを取得します

要求本文の必須属性 : 「なし」

  • 要求本文の例: *

none
  • 応答本文の例: *

{
  "status": {
    "user_message": "string",
    "verbose_message": "string",
    "code": "string"
  },
  "result": {
    "returned_records": 1,
    "records": [
      {
        "filename": "string"
      }
    ]
  }
}

ファイル名で識別されたレポートを取得します

次の表に示すメソッドを使用して、ファイル名で特定されたレポートを取得します。

HTTP メソッド パス 説明 パラメータ

「 GET 」

/v2.1/reports/{filename}

ファイル名で識別されたレポートを取得します。

`filename(string) `: レポートファイルの名前。

要求本文の必須属性 : 「なし」

  • 要求本文の例: *

none
  • 応答本文の例: *

{
  "status": {
    "user_message": "string",
    "verbose_message": "string",
    "code": "string"
  },
  "result": {
    "total_records": 1,
    "records": [
      {
        "filename": "string"
      }
    ]
  }
}