日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

アラートを作成および管理します

寄稿者 netapp-reenu このページの PDF をダウンロード

アラートは、環境内の重要なイベントに関する情報を共有するために、自動でトリガーされるか手動で作成されるメッセージです。

ストレージをプロビジョニングすると、次の場合に自動アラートがトリガーされます。

  • 新しいディスクまたはファイル共有によって、サブスクリプションがバーストにプッシュされます

  • 新しいディスクまたはファイル共有は、新しいサブスクリプションでプロビジョニングされます

  • サブスクリプション内の使用済み容量がしきい値を超えたか、またはコミット済み容量に近づいています

[* アラート * ( * Alerts * ) ] 画面を使用すると、システムで生成されたアラートとユーザーが生成したアラートを環境内で表示できます。

また、カスタムアラートを作成して他のユーザに表示することもできます。必要に応じて、自分自身および他のユーザのテナント内のアラートを表示および却下できます。

マルチテナント環境でアラートを作成します

パートナー管理者は、アラートを手動で作成し、 1 つまたは環境内のすべてのテナントに送信できます。

注記 作成したアラートを却下することができます。ただし、まだ表示していないテナントに対してのみ却下されます。
手順
  1. メニューから * Administration * > * Alerts * を選択します。

  2. [ * アラートの作成 * ] をクリックします。

  3. [ * アラートの作成 * ] 画面で、アラートの送信先となるステータスとテナントを選択し、メッセージを追加します。

    注記 環境内のすべてのテナントにアラートを送信する場合は、「すべて」を選択します。
  4. [ 作成( Create ) ] をクリックします。新しいアラートが作成されます。

テナンシーにアラートを作成します

テナント管理者の場合は、環境内のすべてのユーザに手動でアラートを作成して送信できます。

注記 作成したアラートを却下することができます。ただし、まだ表示していないユーザに対してのみ却下されます。
手順
  1. メニューから * Administration * > * Alerts * を選択します。

  2. [ * アラートの作成 * ] をクリックします。

  3. [ * アラートの作成 * ] 画面でステータスを選択し、メッセージを追加します。

  4. [ 作成( Create ) ] をクリックします。新しいアラートが作成されます。