日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Create Object Storage User の略

寄稿者 ciarm netapp-manini netapp-reenu dmp-netapp このページの PDF をダウンロード

オブジェクトストレージユーザはオブジェクトストレージグループに属しているため、ユーザを作成する前にオブジェクトストレージグループが存在している必要があります。

手順
  1. を表示します "ユーザリスト"

  2. 正しいサブテナントが選択されていること、および表示にユーザ(グループではない)が表示されていることを確認します。

  3. [ ユーザーの作成 ] をクリックします。

  4. Create User ダイアログボックスで、次の手順を実行します。

    1. ユーザ名を入力します。

    2. メンバーが属するグループを選択します。

  5. [ 作成( Create ) ] をクリックします。指定した設定でユーザーを作成するジョブが作成されます。

ユーザーの作成は非同期ジョブとして実行されます。可能です

  • ジョブリストでジョブのステータスを確認します。

  • ジョブが完了したら、「ユーザ」リストで共有のステータスを確認します。