日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

概要

寄稿者 ciarm dmp-netapp このページの PDF をダウンロード

オブジェクトストレージには、オブジェクトストレージサービスのサブスクリプションが必要です。サブスクリプションの一部として使用可能なオブジェクトストレージサービスの場合は、ストレージを使用する前に初期化する必要があります。

オブジェクトストレージの場合、オブジェクトは S3 バケットに格納されます。S3 バケットへのアクセスは、オブジェクトストレージグループに設定された権限を使用して管理されます。オブジェクトストレージユーザには、グループメンバーシップから権限を継承する 1 つ以上のオブジェクトストレージグループのメンバーシップが付与されます。

各オブジェクトストレージユーザには、オブジェクトストレージへのアクセスを許可する S3 キーが関連付けられています。

オブジェクトストレージへのアクセスには、 S3 と互換性のあるブラウザを使用します。

このセクションでは、オブジェクトストレージを管理する方法について説明します。これには次の方法が含まれます。

  • オブジェクトストレージを初期化

  • S3 バケットを作成する。

    NetApp Service Engine Web ポータルで S3 バケットを削除することはできません。 S3 互換ブラウザを使用して、これらのバケットを削除してください。

  • オブジェクトストレージグループを作成および管理する。

  • S3 キーの作成など、オブジェクトストレージユーザを作成、管理します。